ダブルスの前衛と後衛の役割

ダブルスの前衛と後衛の役割

テニスダブルス

テニスのダブルスをする上で、
前衛と後衛の役割を理解することは大切です。

 

前衛と後衛の役割を理解することにより、
教わった通りの形式的な動きでなく、
戦略的に考えたプレーができるようになるからです。

 

 

例えば、前衛はポイントを取るために、
とても大切な役割があります。

 

それは、相手が打つ前に動いて、
ストロークにプレッシャーをかけることです。

 

前衛の動きがいいと、
ポーチでボレーを決めたり、
相手のストロークにプレッシャーをかけて
ポイントを稼ぐことができます。

 

反対に、前衛が取れるはずのボールが取れないと
後衛が苦しくなりポイントが取れません。

 

前衛が動かず、
後衛の活躍に期待しているペアとは
雲泥の差が出るのです。

 

ここでは、前衛と後衛の役割についてまとめてみました。


後衛の役割

テニスダブルス

後衛の役割はゲームを作ることです。

 

前衛にポイントを取ってもらうために
相手の嫌なコースに打って、
試合展開を有利に進めることです。

 

例えば、相手が雁行陣なら、
深くて打ちにくいコースにコントロールして、
相手にミスさせたり、
チャンスボールを打たせたりします。

 

後衛が気をつけなければいけないのは、
簡単に相手の前衛にボレーさせないことです。

 

相手の前衛から見ると、
あなたのペアの真ん中は大きく空いています。

 

テニスダブルス

 

そこにボレーすれば、
簡単にポイントされます。

 

なので、後衛はクロスに打って、
前衛に取らせないことが大切です。

 

そのためには、クロスラリーが重要になるのです。

 

相手が雁行陣なら、
クロスに深いボールを打って
返球までの時間を稼ぎます。

 

後衛の打つボールが深いほど、
返球までの時間ができて
前衛がポーチに出やすくなります。

 

相手が平行陣なら、
相手の後衛の足元に打って、
ボールを浮かせます。

 

相手にローボレーをさせれば、
相手は返球が難しくなり、
チャンスボールが期待できます。

 

そして、時には
ストレートにロブを打って、
相手の陣形を崩します。

 

相手ペアがサイドチェンジした直後は、
守りが不安定になるので、
ポイントするチャンスです。

 

これらのように、後衛の役割は、
相手の嫌なコースはどこなのかを考えながら
ストロークやロブを打っていくことです。

 

時にはストレートに打つこともある

 

クロスラリーばかりしていると、
相手の前衛が慣れてきて
クロスに打ってもボレーされることがあります。

 

クロスにしか打たないとわかると
フライング気味にポーチに出てくるのです。

 

動きのいい前衛なら考えられることです。

 

なので、時にはストレートに
打つことも必要になります。

 

相手の前衛がセンターの方に
寄り始めたら要注意です。

 

ストレートに1~2回打ってやると
相手も警戒して出ないようになります。

 

後衛はクロスラリーばかりにならないように
相手の前衛の様子をみながら
打つことも大切です。

 

守りに入る場面

 

ここまでお伝えしたのは、
攻めの場面の後衛の役割です。

 

しかし、当然ながら守りに入る場面もあります。

 

例えば、相手のストロークやボレーが速く
コントロールして打てない場面です。

 

そんなときでも、相手の前衛には
なんとかボレーされないようにしなくてはいけません。

 

速くて深いボールを打たれたら、
クロスに打ってもポーチに
捕まる可能性があります。

 

そんなときは、ロブを打って、
相手の前衛にボレーさせないことが大切です。

 

また、走らされたり、
態勢が崩れたときにも、
ロブは有効になります。

 

元のポジションに戻り、
次のボールに備えるためにも
ロブを打って時間を稼ぐことが大切です。

 

そこでストロークを打つと、
態勢が整わないうちに返球されるので
自分で自分を苦しめることになります。

 

ロブを打って相手の後衛に取らせ、
反撃のチャンスをうかがうことが
守りの場面での後衛の役割です。

 


前衛の役割

テニスダブルス

前衛の役割は、
レベルが上がるほど重要になります。

 

前衛の守備範囲が広がるほど、
相手にとって脅威になります。

反対に前衛が動かないと、
相手のコースが広くなり
味方の後衛の負担が大きくなります。

 

前衛は、チャンスボールが来たら、
ボレーやスマッシュでポイントを取る
というのは最低限の役割です。

 

これができないと
試合に勝つことができません。

 

とはいっても
どうやってポイントを取るかわからない
という人は相手ペアの真ん中を狙いましょう。

 

前衛から見れば、
相手ペアの真ん中は大きく空いているはずです。

 

相手ペアの真ん中に打てば
ポイントが決まりやすいでしょう。

 

もしも、相手の前衛が真ん中によっていたら
そのときはワイドにボレーしましょう。

 

相手の後衛にプレッシャーをかける

 

前衛の役割はボレーやスマッシュをするだけではありません。

 

それだけだと、試合で勝ち進むのは難しいでしょう。

 

前衛の大切な役割は、
相手の後衛にプレッシャーをかけることです。

 

例えば、ポーチに出る構えを見せて、
相手のリターンにプレッシャーをかけます。

 

ポーチに出るふりをして出ない、
時にはポーチに出てボレーを決める。

 

これがうまくいけば、
相手はリターンで戸惑い
ミスをするようになるでしょう。

 

しかし、これができないペアが意外と多いです。

 

なぜかというと、
ストレートを抜かれるリスクがあるため、
思い切って動くことができないからです。

 

確かにストレートを抜かれたら
即失点になります。

 

しかし、まったく動かないと
相手はセンター付近にも打ってきます。

 

センターに打たれると、
後衛は苦しくなります。

 

なので、少しでも動いて、
前衛の存在を示す必要があります。

 

例えば、相手が打つ前に
前方にステップしてみましょう。

 

それだけでも違うと思います。

 

前衛が動くだけでも、
リターンをする人は気になります。

 

前に動くだけなので
左右のポジションは変わっていません。

 

前に出てからポーチに出るのか
ストレートをケアするのか
相手を見ながら決めていきます。

 

しかも、一歩前に出ることで
ポーチに出る勢いがつきます。

 

前衛が動いたことが気になり
リターンをミスしたり
前衛のいる方に打つこともあります。

 

一歩でも守備範囲を広げられれば
相手ペアのプレッシャーになり
ポイントにつながるはずです。

 

ロブにも対応する

 

前衛は相手のロブにも対応しなければいけません。

 

ロブを抜かれてポジションチェンジすると
その間、守りが手薄になるからです。

 

なので、ストレートにロブが上がったら
できる限り前衛が取ることが大切です。

 

スマッシュでなくても、
ハイボレーでカットして
相手の後衛に返すようにしましょう。

 


まとめ

ダブルスの試合で勝つために、
前衛と後衛の役割を理解することは大切です。

 

役割を理解すれば、
さまざまな場面で何をするべきか
自然にわかってきます。

 

そして、教わった通りの動きでなく
考えられた戦略的なプレーが
できるようになるはずです。

 

試合で他のペアに差をつけるためにも、
前衛、後衛の役割を深く理解し、
考えたプレーをするよう心がけてください。

スポンサーリンク



関連ページ

リターンサイドの選び方
ダブルスのリターンサイドの選び方によって、試合の勝敗に影響することがあります。ここでは、ダブルスのサイドの選び方の基準についてまとめてみました。
サウスポーと組むメリット
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。