ロブリターンの打ち方

ロブリターンとは?

テニスダブルス

ロブリターンとは、
サーブリターンでいきなりロブを打つことです。

 

ロブリターンが使えると、
相手からミスをもらったり、
相手の陣形を崩したりできるのでとても効果的です。

 

コンパクトなスイングで打てるため
速いサーブや取りにくいスピンサーブでも
楽に返すことができます。

 

また、サーブで一気に攻めてくる相手でも、
ロブを打たれるとなかなか攻めにくくなります。

 

サーブに自信のある人にとっては、
返されるだけでも嫌なものです。

 

なので、とりあえず返すだけでも効果があります。

 

打ち方もそれほど難しくなく、
コントロールもしやすいので
是非身に着けておきたいショットです。

 


ロブリターンの打ち方

テニスダブルス

ロブリターンはスライスロブで打つのが効果的です。

 

コンパクトな打ち方でコントロールもしやすいので
速いサーブをロブで上げるのに適しています。

 

トップスピンロブはスイングが大きいので、
振り遅れやすいのでロブリターンには不向きです。

 

また、回転をかけないフラットなロブは
スピン系のボールにはじかれてしまうのでやはり不向きです。

 

ボレーのような感覚で打てるスライスロブが
ロブリターンに最も適したショットです。

 

スライスロブの打ち方は、
ラケット面を上に向けてコンパクトなテークバックから
前衛の頭の上を狙って打ちます。

 

ロブの頂点の位置をイメージして、
そこに向かって長いボレーをしていくように打ちます。

 

関連記事
ロブの距離を安定させるコツは打ち方よりイメージ

 

フォローの大きさが大きいほどロブは深くなります。

 

フォローの大きさで
ロブの距離をコントロールするようにしましょう。

 

ロブを打つ時は相手のことはあまり気にせず、
自分で決めた高さに向かって打つことが大切です。

 

相手を見てしまうとボールに集中できず、
思ったロブを打てなくなるからです。

 


ロブリターンの使い方

ロブリターンには攻撃的な使い方と、
守備的な使い方の2通りがあります。

 

守備的な使い方としては、

  • 相手のサーブが返せないからロブを打っておく
  • ロブを打って相手のミスを待つ

という使い方です。

 

攻撃的な使い方としては、

  • 相手の陣形を崩す
  • 平行陣の陣形に移動する

という使い方です。

 

とりあえず返しておく

 

相手のサーブが速くて返せないとき、
とりあえず返しておくのに
ロブリターンは有効です。

 

返しにくいサーブを打たれたときに
普通にリターンしてもミスしたり
相手の前衛のボレーで決められてしまいます。

 

そんな時、ロブで返しておけば、
とりあえずラリーを続けることができます。

 

例えば、バックハンドが苦手で、
サーブでバックハンドを狙われるときは
スライスロブでとりあえず返しておく
という使い方があります。

 

また、ワイドへの厳しいサーブを打たれたとき、
クロスに返すのが難しかったら
とりあえずストレートにロブを上げておく
という使い方もあります。

 

決まったと思ったサーブが
次にプレーしなければいけないとなると
プレッシャーがかかります。

 

しかも、前衛を抜けると、
サーバーはストレートに走らなければいけません。

 

渾身のサーブをいとも簡単に返されるのは
相手にとって嫌なものです。

 

なので、とりあえず返しておくための
ロブリターンは有効な手段です。

 

相手にミスをさせる

 

少し余裕がある場合は、
相手の嫌なコースにロブを上げるのも有効です。

 

例えば、相手のバックハンドです。

 

フォア側のリターンのとき、
相手の前衛の右側がバックハンドになります。
(右利きの場合)

 

なので、相手の前衛のバックハンドを狙ってロブを打つ
という使い方があります。

 

少し低めのロブです。

 

相手の後衛からも距離があり、ロブも低めなので
相手の前衛は難しいハイバックボレーを
しなくてはならなくなります。

 

なので、チャンスボールになりやすく
次のショットでポイントする確率が上がります。

 

一般的に、フォアボレーよりバックボレーは
力が入りにくく甘いボレーになりやすいので
相手ペアどちらでもバックハンドを狙ったロブリターンは
有効な戦略になります。

 

相手の陣形を崩す

 

相手の前衛の頭上を越えるロブリターンを打てば、
相手ペアの陣形を崩すことができるので
とても有効なショットになります。

 

特に、相手がサービスダッシュをしてきたときに
いきなりストレートにロブを上げられると、
前衛の後ろまで走らなくてはいけません。

 

サーブで前に詰めてからストレートに走るのは
結構しんどいはずです。

 

相手の後衛からはチャンスボールがきやすくなり
ポイントできるチャンスです。

 

相手の後衛がストレートに打ってきたら
相手ペアの真ん中が空いているので
クロスにボレーします。

 

相手がやっと追いつく状況なら、
ストレートにチャンスボールがくる確率が高いので
ロブを上げたら前に詰めるようにしましょう。

 

平行陣に移動する

 

ロブリターンを打って、
時間を稼ぎながら前に出る、
という使い方もあります。

 

スライスロブはスピードが遅いので、
時間稼ぎには最適です。

 

相手が平行陣なら、
ストレートにロブを上げて、
リターンした方が前衛に変わります。

 

もし、相手が雁行陣で、
クロスにロブを上げたら、
リターンをした方がサービスラインまで前に出て、
もう一人がネットとサービスラインの真ん中あたりまで前に出ます。

 

ロブリターンで前に出る時間を稼ぐことで、
余裕を持ってボレーに入れるため、
ファーストボレーのミスも少なくなります。

 

まとめ

ロブリターンは攻撃にも守りにも使えるので、
是非マスターしておきたいショットの一つです。

 

例えば、相手のサーブが速い、
威力があって、ストロークで返せないときでも
スライスロブなら意外と簡単に返せたりします。

 

とりあえず返して、
相手のミスを誘うこともできます。

 

また、コースをつかれて走らされたときでも、
ロブリターンで時間を稼ぎ、
元のポジションに戻ることもできます。

 

また、ストレートロブを上げて陣形を崩したり、
ロブが上がっている間に平行陣に陣形を変えたり、
攻める使い方もできます。

 

リターンからいきなりロブを上げられると、
相手にとっては嫌なものです。

 

ダブルスの試合に出るなら、
身につけておきたいショットの一つです。

スポンサーリンク



関連ページ

トップスピンロブの打ち方
トップスピンロブの打ち方、メリット、デメリットについてまとめてみました。意外と簡単に打てる方法とは?
ロブの距離を安定させるコツ
ロブの打ち方や試合での使い方についてまとめてみました。ロブの距離感を安定させるのに大切なこととは?