ファーストボレーでミスする理由

ネットダッシュ後のファーストボレーでミスする理由とは?

テニスダブルス

通常のボレーは問題なくできても、
サービスダッシュの後の
ファーストボレーは
ネットしたりオーバーしたり、
何故かミスしてしまう。

 

そんな悩みを持つ人も多いと思います。

 

ファーストボレーでミスするので、
平行陣ができない
という人も多いのではないでしょうか?

 

ファーストボレーは、
平行陣の最初のショットになります。

 

平衡陣で試合に勝つためには、
とても重要なショットになります。

 

でも、意外とミスしやすいのも、
ファーストボレーです。

 

通常のボレーは完璧にできるのに、
どうしてファーストボレーで
ミスするのでしょうか?

 

この記事では、
サービスダッシュ後ファーストボレーで
ミスする原因と対処法について
まとめてみました。

 


バランスが取れていない

ファーストボレーでミスする原因の多くは、
バランスが取れていない
ということが考えられます。

 

ファーストボレーは
ベースラインからサービスラインまで
走ってきてから打ちます。

 

そのため、サービスダッシュした勢いで、
体重が前にかかっているのかもしれません。

 

ダッシュした勢いがついているので、
通常のボレーよりボールが
飛んでいる可能性があります。

 

ボレーする前に、
バランスを整えてから打つ必要があります。

 

サービスダッシュした後、
きちんと止まって、
スプリットステップをしてから
ボレーすることが大切です。

 

スプリットステップでバランスを取る

ボレーする前、
スプリットステップを踏むと、
次のボレーの動作に入りやすくなります。

 

その結果、余裕を持ってボレーできて
ボレーの成功率も上がります。

 

また、手打ちを防ぎ、
体重移動を利用してボレーするのに
スプリットステップは最適です。

 

サービスダッシュをした後の
ファーストボレーが苦手な人は、
スプリットステップをしていない
可能性があります。

 

ボレーする準備ができない

サービスダッシュ後のファーストボレーで
気を付けなければいけないのは。
通常より早くボールが返ってくる
ということです。

 

自分は前に詰めるのですから、
ボールが返球される時間は
思ったよりも早いです。

 

なので、ボレーする準備ができないまま、
打っていることが考えられます。

 

サービスラインまでダッシュするため、

 

サーブしてから走って、

 

スプリットステップして、

 

ボレーの構えを作るまで

 

かなり時間がかかるはずです。

 

準備ができないままボレーをすれば、
当然ミスも増えてきます。

 

試合に出ると、
さらにリターンが速くなるので
ファーストボレーの時間がなくなり
ボレーのミスをしやすくなります。

サービスラインの後ろで構える

準備する余裕がない人は、
ファーストボレーのポジションを
後ろにしてみましょう。

 

例えば、
サービスダッシュで5歩行くところを
3歩か4歩にしてみる。

 

そして、ファーストボレーした後、
さらに1~2歩前に詰める。

 

それだけで、成功率はかなり上がります。

 

サービスラインでボレーする、
というルールはありません。

 

ポジションを1m下げるだけでも、
かなり時間的余裕ができるはずです。

 

ファーストボレーがうまくいかない人は、
是非、試してみてください。

 

 

まとめ

ネットダッシュ後のファーストボレーで
ミスしやすい人は、
ボレーをする余裕が取れていない
可能性が高いです。

 

ネットダッシュをして
バランスが不安定だったり、
ボレーの準備もできないまま、
ファーストボレーをしていたのでは、
ボレーミスしやすくなります。

 

ファーストボレーの成功率を上げるには、
バランスを整え、
ボレーの準備をする時間が必要です。

 

スプリットステップをして、
バランスを取り、
次のボレー動作を
スムーズにすることが重要になります。

 

十分に余裕を作った状態でボレーをすれば
通常のボレーと同じようにボレーができて
成功率も上がります。

 

そのために、
ファーストボレーのポジションを、
サービスラインの1~2mくらい後ろにすると、
時間的に余裕ができます。

 

セカンドボレーで
サービスラインまで詰めるくらい、
余裕を持ってボレーすれば、
ボレーのミスも減るはずです。

 

ファーストボレーでミスしやすい人は
試してみてください。

スポンサーリンク


関連ページ

ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
前衛がコースを予測する
ダブルスの試合で前衛が相手のコースを予測するコツについてまとめてみました。
ストレートアタック
相手のストレートアタックがうまく裁けない原因や注意点などについてまとめてみました。速い球に打ち負けないための練習方法とは?
ローボレー打ち方
テニスのローボレーで足元のボールの打ち方についてまとめてみました。ローボレーを深くコントロールできるコツとは?
ポーチのボレーコース
ポーチの時、狙うコースによって難易度は変わってきます。ここでは、ボレーコースによる難易度や決まりやすさについてまとめてみました。