ファーストボレーでミスする理由

ネットダッシュ後のファーストボレーでミスする理由とは?

テニスダブルス

難しいローボレーやハイボレーはできるのに、
ネットダッシュ後のファーストボレーは
ネットしたりオーバーしたり、
何故かミスしてしまう。

 

そんな悩みを持つ人も多いと思います。

 

確かに、ファーストボレーで相手を追い詰められれば、
サービスゲームをキープする確率は上がります。

 

平衡陣で試合に勝つためには、
とても重要なショットになります。

 

でも、ネットプレーの中で、
ファーストボレーは一番ミスしやすいショットです。

 

通常のボレーは完璧にできるのに、
どうしてファーストボレーで
ミスするのでしょうか?

 


バランスが取れていない

まず、ファーストボレーでミスする原因は、
バランスが取れていないことが考えられます。

 

ネットダッシュした勢いで、
体重が前にかかっているのかもしれません。

 

ダッシュした勢いがついているので、
通常よりボールが飛んでいる可能性があります。

 

ネットダッシュした後、
きちんと止まってからボレーすることが大切です。

スプリットステップでバランスを取る

ボレーする前、スプリットステップを踏むと、
次のボレーの動作に入りやすくなり
ボレーの成功率も上がります。

 

また、前のめりの体勢を修正するのに、
スプリットステップは最適です。

 

ネットダッシュをした後のファーストボレーが苦手な人は、
スプリットステップをすることをおすすめします。

 

ボレーする準備ができない

ファーストボレーでミスする次の理由として、
ボレーする準備ができていないことが考えられます。

 

サービスラインまでダッシュするのですから、
通常より早くボールが返ってきます。

 

サーブしてから走って、
スプリットステップして、
ボレーの構えを作るまで
かなり時間がかかるはずです。

 

準備ができないままボレーをすれば、
当然ミスも増えてきます。

 

試合に出ると、
さらにリターンが速くなるので
ファーストボレーの時間がなくなり
ボレーのミスをしやすくなります。

サービスラインの後ろで構える

ファーストボレーの準備する余裕がない人は、
ファーストボレーのポジションを後ろにしてみましょう。

 

ネットダッシュをサービスラインまで
しなければいけないというルールはありません。

 

ポジションを1m下げるだけでも、
かなり時間的余裕ができるはずです。

 

サービスラインの後ろでファーストボレーした後、
さらにサービスラインまで前に出れば
かなり楽にネットダッシュができます。

 

まとめ

ネットダッシュ後のファーストボレーが苦手な人は、
ボレーをする余裕が取れていない可能性が高いです。

 

ネットダッシュをして
バランスが不安定だったり、
ボレーの準備もできないまま、
ファーストボレーをしていたのでは、
ボレーミスしやすくなります。

 

ファーストボレーの成功率を上げるには、
バランスを整え、ボレーの準備をする時間が必要です。

 

ボレーの成功率を上げるには、
スプリットステップをして、
バランスを取り、
次のボレー動作をスムーズにすることが必要です。

 

スプリットステップをして、
十分に余裕を作った状態でボレーをすれば
通常のボレーと同じようにボレーができて
成功率も上がります。

 

そのために、ファーストボレーのポジションを、
サービスラインの1mくらい手前にすると、
時間的に余裕ができます。

 

セカンドボレーでサービスラインまで詰めるくらい、
余裕を持ってボレーすれば、
ボレーのミスも減るはずです。

スポンサーリンク



関連ページ

ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
前衛がコースを予測する
ダブルスの試合で前衛が相手のコースを予測するコツについてまとめてみました。
ストレートアタック
相手のストレートアタックがうまく裁けない原因や注意点などについてまとめてみました。速い球に打ち負けないための練習方法とは?
ローボレー打ち方
テニスのローボレーで足元のボールの打ち方についてまとめてみました。ローボレーを深くコントロールできるコツとは?
ポーチのボレーコース
ポーチの時、狙うコースによって難易度は変わってきます。ここでは、ボレーコースによる難易度や決まりやすさについてまとめてみました。