ダブルスの実践で使えるリターン

ダブルスリターンで前衛にボレーされないコツ

テニスダブルスで勝つための戦略

試合になるとなぜかリターンが
ボレーヤーに捕まってしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

試合になると相手の前衛は、
ポーチに出るふりをしたり、
またサイドによる動きをしたり、
いろいろな仕掛けをして
プレッシャーをかけてきます。

 

そんな時、後衛は、
その動きに惑わされず、
リターンをする必要があります。

 

前衛にボレーされないコツは

 

  • ストレートに打つように構える
  • 打点を前にする
  • ストレートにも打つ

 

この3つです。

 

 


ストレートに打つように構える

ホームページ作成

例えば、写真のように構えたら、
相手の前衛はストレートに来る
と予測します。

 

しかし、この構えで、
打点を前にして踏み込んで打てば
クロスにも打てます。

 

このような構えをされたら、
相手の前衛はストレートも警戒して
ポーチに出られません。

 

なので、多少コースが甘くなっても
前衛に捕まる確率は
格段に減ります。

 

さらに、肩を入れることによって、
ひねりのパワーが生まれて
力強いリターンができます。

 

同じ打ち方で、
センターにサーブが来たら、

 

クロスに打つ構えで
ストレートに打ったり
ストレートにトップスピンロブも
打つことができます。

 

バックハンドが苦手な人も多いですが、
右肩(左利きは左肩)を入れることにより、
それほど力強い球でなくても
前衛の足を止められます。

 

リターンが苦手な人は、
ストレートに打つ構えで
クロスに打つ練習をしてみてください。

 


打点を前にする

しっかりした構えを作るためには、
早いうちからテークバックを
引いておくことが大切です。

 

ボールが弾んでから
テークバックしたのでは遅すぎます。

 

テークバックを引くのに時間がかかるため、
よほど早いスイングをしないと
振り遅れてしまいます。

 

打点を体の前で打たないと
クロスにボールが飛びません。

 

しかも、サーブは弾んでから速くなるので、
余計に振り遅れやすくなります。

 

相手が打った瞬間から
構えを作り始めることです。

 

早いテークバックで、
できるだけ前の打点で打つことで、
打てる球の選択肢が広がるのです。

 

相手のボールがフォアかバックか
わかった時点で引き始めることが
おすすめです。

 

なので、日ごろから、

 

  • 早いテークバック、
  • 肩を入れる、
  • 打点を前で打つ、

 

という意識で
リターン練習をすることが大切です。

 

 

 

ストレートにも展開する

ストレートの構えから
クロスに打つリターンは、
相手の前衛の足を止めるのに有効です。

 

しかし、クロスばかり打っていては、
やはりポーチに出られます。

 

打つコースがばればれでは、
前衛はポーチに出てきます。

 

そこで、ストレートの構えから、
ストレートへ展開することも大切です。

 

たとえ失敗してボレーされても
「ストレートもあるんだ」
と思わせるだけでも効果があります。

 

単純にストレートへパッシングするだけでなく、
ロブリターンを打ってみましょう。

 

ストレートへ展開することを見せれば、
相手は警戒するようになり、
クロスにも打ちやすくなります。

まとめ

ダブルスにおけるリターンのコツは、

 

  • ストレートに打つように構える
  • 打点を前にする
  • ストレートにも打つ

 

の3つです。

 

前衛にボレーされないためには
ストレートを警戒させることが大切です。

 

ストレートに打つ構えを作ると、
相手の前衛は
ストレートをケアしなくてはいけません。

 

その構えからクロスに打てば、
相手の前衛はポーチにでて来れません。

 

しかし、振り遅れてストレートに行ったら、
やはりボレーされます。

 

振り遅れないように、
打点を前でリターンすることが大切です。

 

そのため、テークバックを
なるべく早くすることが重要になります。

 

テークバックを早くすることで、
クロスに打ちやすくなり、
少し打点を遅らせることで
ストレートにも展開できます。

 

パッシングやロブなどで、
ストレートに展開できれば、
よりクロスにも打ちやすくなります。

 

是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


関連ページ

速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
バックサイドでのリターン
バックハンドが苦手でスライスしか打てない。ダブルスでバックサイドをしたくない!でもしなければならない人へ、バックサイドでもポイントを取れるリターンのコツをご紹介します。
速い球の返し方
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
深いボールの返し方
テニスの試合に勝ちぬくには、深いボールをミスせず返し、ポイントにつなげていくことが重要になってきます。しかし、深いボールは返しにくいし、返ってもポイントされる確率が高いです。ここでは、さまざまな深いボールの返し方についてまとめてみました。
パッシングショット
ダブルスの試合でパッシングショットを打つタイミングがわからない、という人も多いと思います。ここでは、効果的なパッシングショットの使い方についてご紹介します。
緩い球が打てない原因
緩い球が苦手で打てない原因や対処法についてまとめてみました。勢いのないボールを打つための注意点とは?