初心者でもダブルスの試合で勝てる戦略

テニス初心者でもダブルスの試合で勝てる戦略

テニスダブルス

テニス初心者のうちは、
ダブルスの試合でどのように攻めて
ポイントを取るかわからない
という人も多いと思います。

 

確かに、プレースタイルが確立されていないと
試合でどんな攻め方をすればいいのか
わからないと思います。

 

実際、初心者のうちは、
自分から攻めてポイントを取りにいくことは難しいです。

 

例えば、ローボレーができないのに
前に出て平行陣をすることはできません。

 

戦略ががわからないのに
平行陣をしても撃沈するだけです。

 

まずは、ダブルスの基本に立ち返って
戦略を考えてみることが大切です。


ダブルスの基本戦略

テニスダブルス

ダブルスの基本的な戦略は
クロスに打つことです。

 

なぜかというと、相手の前衛に
ボレーさせないようにするためです。

 

クロスラリーを続けて、
相手の後衛がミスしたり
コントロールミスで前衛の方に飛んだボールを
前衛がボレーして決めるのが
基本的な戦略になります。

 

テニスダブルス

 

逆に、前衛にボレーされると、
即失点につながります。

 

相手がボレーミスをするかもしれませんが、
ほとんど考えない方がいいでしょう。

 

仮にそのボレーを返したとしても
かなり不利な状況になることは間違えありません。

 

なので、後衛は前衛にボレーさせないように
クロスに打つことが重要になります。


初心者にとってクロスラリーは難しい

テニスダブルス

しかし、初心者にとって
クロスにコントロールするのが
難しいのではないでしょうか?

 

ポイントを取るには、クロスラリーを続けて、
相手にチャンスボールを打たせる必要があります。

 

しかし、試合ではクロスに打っても
相手に打ち返されます。

 

しかも、コート深くに打ったり
ショートクロスに打ったり、
同じクロスでもいろんなボールを
コントロールして打たなければ
なかなかミスしてくれません。

 

さらに、試合で相手が打ってくるボールは
なかなかコントロールが難しいと思います。

 

速い球や回転がかかった球もあり
いつも同じ球が来るわけではありません。

 

クロスに打とうとしても、
振り遅れてうまくコントロールできないと思います。

 

ストロークが不安定な初心者にとって
クロスラリーを続けることは難しいのです。


初心者でも勝てる戦略とは?

テニスダブルス

初心者が試合に勝つためにすべきなのは、
とにかくロブを打つことです。

 

後衛は相手の前衛にボレーさせないように、
とにかくロブを打ちましょう。

 

なぜロブが有効かというと、
あまりコースは関係ないからです。

 

相手が雁行陣の場合は、
クロスに打ってもストレートに打っても
ボレーやスマッシュされることはありません。

 

前衛にボレーさせないことだけ考えて
打てばいいのです。

 

ロブでラリーをつなげて、
甘いボールが来たら
前衛がボレーで決めるパターンです。


相手が雁行陣ならセンターを狙う

相手が雁行陣なら
センターにロブを打つのが有効です。

 

なぜかというと、センターからは
ワイドに打ちにくいからです。

 

なので、返球されるコースが限定できて
ミスを減らすことができます。

 

そして、センターから
ストレートを打ちにくいため
前衛がポーチに出やすくなります。

 

テニスダブルス

 

相手の後衛がセンターに動いた
タイミングでポーチに出ても、
早すぎることはありません。

 

多少フライング気味にポーチできるので
成功率も上がるはずです。

 

相手の後衛はセンター付近にいるので、
アングルボレーを打てば決まりやすいでしょう。

相手が平行陣ならストレートを狙う

テニスダブルス

相手の後衛が前に出てきて
平行陣になったらストレートにロブを打ちましょう。

 

平行陣になるとクロスやセンターのロブは
ボレーやスマッシュされるからです。

 

なので、ストレートにロブを打って、
陣形を崩す戦略です。

 

ストレートにロブを打ったら、
相手のサイドが入れ替わるので
こちらも前衛と後衛を交代します。

 

ロブを打った後衛は前に出て前衛に、
前衛は後ろに下がって後衛になります。

 

テニスダブルス

 

ストレートに返球されたら、
相手ペアの真ん中にボレーすることができます。

 

クロスに返球されたら、
再びセンターからクロスの方に
ロブを打ちます。

 

深めのロブを打てば
相手はなかなか前に出てこれません。

 

ポイントするチャンスも増えるはずです。


相手の前衛が下がったらストロークを打つ

テニスダブルス

相手の前衛がロブに備えて後ろに下がったら
ロブを打ってもスマッシュされるかもしれません。

 

もしも、平行陣で前衛が後ろに下がる陣形になったら、
どこにもロブを打つ場所がなくなります。

 

そんなときは、ストロークを打つ戦略に切り替えます。

 

前衛が後ろに下がっているので、
攻撃的なボレーはあまりできないはずです。

 

センター付近に打っても、
相手の前衛は簡単にポーチできないでしょう。

 

このときは、相手ペアの真ん中に打つのが効果的です。

 

センター付近に打てばネットが低いので、
ネットミスが減らせます。

 

前衛は、サービスラインの後ろまで下がって
コートカバーするようにしましょう。


まとめ

初心者がダブルスの試合で勝つためには、
相手の前衛にボレーさせないことが大切です。

 

そのために、最も易しい戦略は、
ロブを打つことです。

 

ロブならコントロールが悪くても、
前衛にスマッシュされない限り
攻められることはありません。

 

とにかくロブでラリーを続けて、
前衛がボレーできるボールが来たら
ボレーでポイントを取る
という戦略です。

 

相手が雁行陣なら、
センター付近を狙ってロブを打ちます。

 

相手が平行陣の陣形を取ってきたら
ストレートにロブを打って
陣形を崩します。

 

初心者が試合に勝つためには
ロブを練習しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク



関連ページ

雁行陣の攻め方
雁行陣は、基本的なフォーメーションです。ここでは、雁行陣の攻め方の基本、前衛と後衛の役割、勝つためのテクニックなどについてまとめてみました。
ロブの後の展開
試合でポイントしやすいロブのコースとその後の展開パターンについてまとめてみました。速い球でもコントロールしやすいロブの打ち方とは?
女子ダブルスに勝つ方法
女子ダブルスのロブ攻撃が苦手な人のために、ロブ合戦での勝ち方について考えてみました。