女子ダブルスに勝つ方法

女子ダブルスのロブ攻撃に勝つ方法とは?

テニスダブルス

女子ダブルスの試合では、
サーブやストロークで
押してくるようなタイプは
少ないと思います。

 

もし草トーナメントであれば、
そのようなペアは優勝候補となる
ケースが多いでしょう。

 

 

 

パワフルなショットがない中で、
ラリーが続いていくのが
女子ダブルスの特徴です。

 

ロブ合戦で相手のミス待ち、
というパターンが
多いのではないでしょうか?

 

おそらく、イライラして、
先にミスをした方が
負けるのでしょう。

 

この記事では、
そんなロブ合戦の展開を破り、
体力を温存して女子ダブルスに
勝つ方法について考えてみました。

 


ストレートロブはなるべく前衛が触る

女子ダブルスの試合では、
前衛の後ろにロブを打たれる
ケースがよくあります。

 

しかし、ストレートロブに対して、
後衛が取りにいくことは、
かなり体力を奪われます。

 

なので、
ストレートロブが上がったら、
できる限り前衛が取るべきです。

 

相手がストレートに打ったので、
真ん中にオープンコートが
できているはずです。

 

スマッシュやハイボレーで
クロスにコントロールすれば
スピードがなくても
ポイントを取れる確率は上がります。

 

そのためには、
ロブの多い相手だとわかった時点で、
前衛のポジションを後ろめに
とっておくことが大切です。

 

女子の場合、
ハイボレーやスマッシュが
苦手な人が多いですが、
スピードよりコントロール重視で
練習しておくようにしましょう。

 

 

関連記事
試合で使える3つのロブとその後の展開パターン

 

 

後衛は攻撃されないように深めにコントロールする

ロブ合戦で大切になるのが、
浅く返球しないことです。

 

高い打点で打たされると、
コースが甘くなりがちです。

 

コースが甘くなると、
アングルショットやストレートに
攻撃されやすくなります。

 

逆に、深いボールを打っていれば、
相手も簡単にロブが打てなくなります。

 

ロブ合戦はいかに深く
コントロールできるかが
勝負を決めます。

 

深いボールを打ち続けていれば、
チャンスボールは必ずきます。

 

関連記事
ロブの距離を安定させるコツは打ち方よりイメージ

後衛はストレートロブをストレートに返す

もし、味方の前衛が
ストレートロブを抜かれたら、
後衛は確実にストレートに
返球することが大切です。

 

クロスに返すと、
相手の術中にはまって、
前衛の攻撃を受けてしまいます。

 

ストレートロブを抜かれたときは、
サイドチェンジをしなければならず
不安定な状態です。

 

そこで前衛の攻撃を受けると、
ポイントされる可能性が
高くなります。

 

なので、陣形を立て直すためにも、
確実にストレートに返球して
相手の後衛に取らせることが
重要になります。

 

浅いボールはショートクロスに打つ

ロブ合戦の中で
相手のボールが浅くなったら、
ショートクロスに打つことが
有効です。

 

相手はポジションを下げているので
ショートクロスのボールは、
走らせることができます。

 

また、後衛をコートの外に
追い出すことになり、
相手ペアの真ん中に
オープンコートができます。

 

やっと追い付いたボールが、
前衛に飛んできたら、
ボレーで簡単に決められます。

 

後衛に返ってきたとしても、
センター付近に打てば
ポイントの確率が高くなります。

 

ロブ合戦の
長いラリーを断ち切ためにも、
ショートクロスは有効です。

 

関連記事
これは使える!ショートクロスの打ち方

 

まとめ

女子ダブルスの試合では、
お互いにロブを打ち合う
ロブ合戦の試合が多くなります。

 

ロブ合戦の試合に勝つためには、
できる限りロブを深く
コントロールすることが大切です。

 

高い打点で打たされても、
深くコントロールしていれば
チャンスボールはくるはずです。

 

相手に負けないように
深いロブを打ち続けていれば、
ロブが徐々に浅くなってきます。

 

あるいは、展開を変えるために
ストレートにロブを
打ってくることもあるでしょう。

 

ストレートにロブが上がったら、
できる限り前衛が
取るようにしましょう。

 

なぜなら、前衛から見たら、
相手ペアの真ん中に
オープンコートが
できているからです。

 

前衛はハイボレーかスマッシュで
緩い球でも相手ペアの
真ん中にコントロールすれば、
ポイントできる確率が上がります。

 

また、ロブが浅くなったら、
後衛はショートクロスを
打つのが有効です。

 

ショートクロスで
コートの外に走らせれば、
センターにオープンコートが
できるからです。

 

ロブ合戦は、
続けていると体力ばかり消耗します。

 

ロブ合戦の中で、
少しでも甘いコースになったら、
攻めに転じることが大切です。

スポンサーリンク


関連ページ

雁行陣の攻め方
試合に勝てる雁行陣の動き、攻め方についてまとめてみました。
初心者戦略
テニス初心者でもダブルスの試合に出て勝てる戦略についてまとめてみました。
ロブの後の展開
試合でポイントしやすいロブのコースとその後の展開パターンについてまとめてみました。速い球でもコントロールしやすいロブの打ち方とは?