コンチネンタルグリップサーブ

テニスのサーブをコンチネンタルグリップで打つ理由とは?

コンチネンタルグリップ

初心者がテニスのサーブを習うとき、
コンチネンタルグリップで握りなさい
と教わると思います。

 

コンチネンタルグリップとは、
ラケットの面を地面と垂直にして
上から握るグリップのことです。

 

ちょうど、
包丁を持つような感じですね。

 

 

コンチネンタルグリップは、
フォアもバックも
面が作りやすいので、
ボレーするときに適しています。

 

しかし、
コンチネンタルグリップで
サーブを打つと、
左に飛んでいってうまく打てない、
という人も多いと思います。

 

軟式テニスをやっていた人などは、
すごく違和感があると思います。

 

なぜ、このような難しい握りで
打たなくてはならないのでしょうか?

 

この記事では、
コンチネンタルグリップで
サーブを打つ理由と
上手く打つためのコツについて
まとめてみました。

 


回転をかけるため

軟式テ軟式テニスをやっていた人は、
ウエスタングリップというグリップで
握っていたと思います。

 

ウエスタングリップとは、
ラケット面を地面と平行にして
上から握るという握り方です。

 

ちょうど手のひらとラケット面が
同じ方向を向くグリップです。

 

なので、感覚的に、
同じ方向に飛ばしやすい
と思う人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、
ウエスタングリップでサーブを打つと、
ボールに縦回転がかかりません。

 

なぜかというと、
ラケットの動きがうちわを仰ぐような
動きになるからです。

 

なので、
ボールに対してラケットの面が
まっすぐにしか当たりません。

 

ボールに縦回転を与えるには、
ボールに対して下から上に
こすり上げるような動きが
必要になります。

 

軟式テニスのグリップで
それをするのは難しいため
グリップを変えてやる
必要があるのです。

 

軟式テニスの場合は
回転をかけなくても
反発力が少ないため
ボールに勢いがなくなると
自然に落ちてくれます。

 

しかし、硬式テニスボールは
反発力があるため、
軟式テニスと同じ要領で打つと
ボールが落ちないで
オーバーしやすくなります。

 

サーブを安定させるためには、
ボールに回転をかけてやる
必要があります。

 

コンチネンタルグリップの利点は、
手首のスナップを使って
回転をかけやすいところです。

 

手首のスナップを使えば、
ラケットを速く振ることができ、
回転をかけてもスピードのある
ボールを打つことができます。

 

ちょうど包丁を使う要領で、
ボールの端っこを
切るようなイメージで打てば、
楽に回転がかかるからです。

 

ボールを下から上に
擦りあげるように打つと
ボールに縦回転がかかり
ネットの高いところを通って
落ちるサーブになります。

 

また、ボールの横端を
切るように打てば、
左に切れていく
スライスサーブになります。

 

強く振れば振るほど回転が多くかかり、
より安定したサーブになります。

 

また、縦回転がかかったサーブは、
バウンドしてから高く跳ね上がるため、
取りにくいサーブになります。

 

このように、ボールに回転をかけて、
より安定して取りにくい
サーブを打つことが
コンチネンタルグリップにする
理由です。

 

わざわざ打ちにくそうな
コンチネンタルグリップで打つのは、
ボールに回転をかけて
安定させる狙いがあるからです。

 

スピードを出しても入りやすい

コンチネンタルグリップで、
サーブ打てれば、
フラットサーブでも
わずかに順回転がかかります。

 

サーブを打つ時、
下から上にスイングして打つからです。

 

ちょうどバレーボールの
ドライブサーブを打つようなイメージです。

 

なので、速く振っても、
回転でボールが落ちて
オーバーしにくくなります。

 

ネットの上を通っても、
ボールが落ちるので
サーブが入りやすくなります。

 

これが、厚いグリップだと、
回転をかけることが難しくなります。

 

なので、ボールが落ちないため、
速いサーブを打った時
オーバーフォルトしやすくなります。

 

そのため、速いサーブを入れるために、
ネットすれすれを狙う必要があります。

 

コンチネンタルグリップで
サーブを打つのは、
速くても入りやすいサーブを打つためです。

 

目標に対して横向きを作る

コンチネンタルグリップで
サーブを打つときは、
目標に対して横向きを作ります。

 

横向きを作ることによって、
体の回転を利用して打つことができ
スピードのあるサーブを打てるのが
コンチネンタルグリップの
メリットです。

 

さらに、ひざの屈伸や体の
ひねりを利用することで、
ラケットスピードを上げて、
鋭い回転をかけたり、
スピードを上げることができます。

 

一方、
ウエスタングリップで握った場合、
同じように速く振ると
回転がかからないため
オーバーフォルトに
なりやすくなります。

 

結果、力を加減しなければ
サーブが入らないため、
威力のないサーブしか
打てなくなります。

 

特に、セカンドサーブは
回転がかけられなければ、
相手は打ちやすいため、
攻撃されてしまいます。

 

サーブのスピード、
回転、威力を上げるためには、
コンチネンタルグリップは
必要不可欠になってきます。

 

体全体を使ったスイングで、
威力のあるサーブが打てるのが
コンチネンタルグリップの
メリットです。

 

高い打点で打つ

コンチネンタルグリップの
サーブが安定しない場合、
高い打点で打つことを意識すると
安定するようになります。

 

より高い位置で打つことにより、
腕が伸び、スイング軌道が
安定するからです。

 

振り子を吊す糸のように、
腕がピンと伸びている状態の方が
スイング軌道が安定します。

 

それに、少しでも高い打点で打った方が、
ネットもオーバーもしにくくなります。

 

ショートクロスやセンターに
サーブをに打つ場合でも、
打点が低いと入りません。

 

サーブの入りが悪い人は、
意識して打点を高くしてみてください。

フラットサーブを打つ場合

コンチネンタルグリップは
回転をかけやすいグリップですが、
フラットサーブの場合は
どうするのでしょうか?

 

コンチネンタルグリップで
普通にサーブすると、
スライスサーブになってしまいます。

 

それは横向きを作っても同じです。

 

フラットサーブを打つ場合は、
打つ前に前腕を内側にひねります。

 

前腕を90度内側にひねることにより、
ラケット面が打ちたい方向に向きます。

 

手首のスナップを効かせながら、
前腕をひねることにより
ラケットスピードを上げながら、
ボールに縦回転をかけていきます。

 

コンチネンタルグリップで
サーブすることにより、
スピードとコントロールを
両立させることができるのです。

 

フラットサーブの打ち方は、
こちらの動画を参考にしてください。

 

まとめ

この記事では、
コンチネンタルグリップで
サーブを打つ理由と
上手く打つためのコツについて
お伝えしました。

 

コンチネンタルグリップは、
手首のスナップを使って
ラケットを速く振るのに
適しています。

 

速く振っても縦回転がかかって
ボールが落ちるので
速いサーブでも入りやすくなります。

 

サーブを上達するには、
コンチネンタルグリップで
サーブを打つことが必要になります。

 

上手くサーブを打つためには、

 

  • 目標に対して横向きを作る
  • 高い打点で打つ
  • フラットサーブは前腕を内側にひねる

 

です。

 

サーブを上達させたい人は、
試してみてください。

 

スポンサーリンク


関連ページ

キックサーブの打ち方
キックサーブ(ツイストサーブ)をマスターすると、フォルトしにくく、相手に攻撃されにくい、というメリットがあります。ここでは、キックサーブの打ち方のポイントをご紹介します。
効果的なボディーサーブ
スピードがなくても効果的なボディーサーブはあるのか?実践で使えるボディーサーブについてまとめてみました。
アンダーサーブのメリット
テニスでアンダーサーブの効果的な打ち方、メリットについてまとめてみました。サーブが苦手な人は必見です。
ファーストサーブ
テニスでファーストサーブの確率を上げるコツについてまとめてみました。
スライスサーブの打ち方
スライスサーブの打ち方のコツ、メリットなどについてまとめてみました。スピードと回転を両立させる方法とは?
ダブルフォルトをなくす
テニスでダブルフォルトをなくすためのコツについてまとめてみました。サーブの確率を上げるために見逃しがちなこととは?