アプローチショットのタイミングや打ち方

アプローチショットのタイミングや打ち方

テニスダブルス

ダブルスにおいて、
アプローチショットかうまく打てると、
とてもポイントが取りやすくなります。

 

アプローチショットが甘くなると、
ボレーに出ても攻められるだけで
ポイントが取れません。

 

それだけアプローチショットは、
クォリティーが求められるショットになります。

 

ここでは、効果的なアプローチショットを
打つコツについてまとめてみました。

 


アプローチショットはコントロールが重要

アプローチショットはボールを
コントロールすることが大切です。

 

スピードよりも相手の嫌がるコースに打つことが
アプローチショットのコツです。

 

クロスコート深くに打つ

一番いいのが、
コート深くにコントロールしたショットです。

 

クロスコート深くに打ったボールは、
滞空時間が稼げるので、
ボレーをしに前に出る余裕ができます。

 

ポーチにも出やすいので、
ポイントを取る確率が上がります。

 

スライスかスピンで、
クロスコート深くに打ったアプローチは、
とても有効になります。

 

深いアプローチショットを打つコツは、
ある程度高さを出す必要があります。

 

スライスの場合は、
ネットより1mくらい上に、
スピンの場合は、
中ロブくらいの高さに
打ち出し角度をコントロールしましょう。

 

ショートクロスに打つ

 

ショートクロスにアプローチするのは難しいですが、
オープンコートができるので
とても有効になります。

 

相手の後衛がコートの外に追いかけるので
相手ペアの真ん中が空きます。

 

また、相手の前衛が真ん中にカバーに行った場合は
前衛側にオープンコートができるので
かなり効果的なショットになります。

 

ショートクロスが難しい場合は、
クロスのアレー方向に
浅めのボールを打っても効果的です。

 

狙いはクロスのネットすれすれに
コントロールします。

 

アレーコートにに入れることを考えると難しそうですが、
ネットの上に狙いを作ると比較的簡単です。

 

相手のバックハンドに打つ

 

一般的にアマチュアレベルでは、
フォアハンドよりもバックハンドの方が苦手です。

 

バックハンドが得意な人は少ないです。

 

なので、アプローチショットも
バックハンドに打った方が
成功する確率が上がります。

 

相手によっては、
多少浅めでコースが甘くても、
バックハンドの方に打つだけでも
ポイントが取れるかもしれません。

 

試合で相手の実力がわからないときは
とりあえずバックハンドを狙うことも有効です。

 

アプローチショットのタイミング

アプローチショットは、
相手のボールが浅くなったときが
ベストなタイミングです。

 

サービスラインの近くで
バウンドするくらいの浅いボールなら
アプローチショットで前に出るチャンスです。

 

2~3歩前に出るだけで
ボレーのポジションに着くことができます。

 

また、前に踏み込んで打てるため、
威力のあるストロークが打てます。

 

逆に相手のボールが深いと、
スムーズに前に出られません。

 

相手のボールが深いときは、
こちらも何とか深く返して
相手のボールが浅くなるのを
待つようにしましょう。

フォアハンド、両手バックハンドはライジングショット

フォアハンドや両手打ちバックハンドの
アプローチショットは
ライジングショットを狙うのがおすすめです。

 

バウンドの上がりっぱなを打つことで
相手に時間を与えず攻め込むことができるからです。

 

また、ライジングショットは
相手のボールの勢いを利用して打てるため、
より威力のあるボールを打つことができます。

 

あまり手首を使わず、
体重移動のパワーを利用して
フラット系のボールを打ちます。

 

相手のボールが浅い、
と思ったらコートの内側に入り、
バウンドした頂点で打つことを意識します。

 

打点が低くなりすぎると
相手に時間を与えたり
威力がなくなるので
注意してください。

 

片手バックハンドはスライスが最適

片手バックハンドのアプローチは、
スライスを使うのが効果的です。

 

なぜなら、スピードが遅い分、
ボレーの構えをする時間が稼げるからです。

 

さらに、バウンドが低くなるので、
相手は速いボールが打ちにくくなります。

 

バックハンドスライスのアプローチのコツは、
打点を少し遅らせることです。

 

いつもの打点より、
ボール1~2個遅らせて打つことで
相手の前衛がコースを読めなくなります。

 

また、打点を遅らせることで
当たりが厚くなり
スライスのクォリティーが上がります。

 

踏み込んで、体重移動しながら、
スライスを打つことにより、
ボールに威力が出るし
スムーズにボレーに出られます。

 

なので、片手バックハンドのアプローチは、
スライスがおすすめです。

 

まとめ

ダブルスの平衡陣でポイントを取るために
アプローチショットはとても重要です。

 

アプローチショット次第で
ポイントの確率は大きく変わってきます。

 

相手のボールが浅くなるタイミングで、
コートの中に踏み込んで打てば
ボールにも威力が出るし、
スムーズにボレーに出られます。

 

アプローチショットで大切なのは
コースにコントロールすることです。

 

深いボールやワイドにコントロールすることで、
次のボレーが決まりやすくなります。

 

逆にコースが甘くなると、
打ち込まれて攻め込まれます。

 

アプローチショットの球質は
フォアハンド、両手バックハンドはフラット、
片手バックハンドはスライスがおすすめです。

 

フラットのアプローチショットは、
ライジングで高めの打点でボールをとらえ、
相手に時間的余裕を与えないのがコツです。

 

片手バックハンドは少し打点を遅らせて、
厚い当たりで低く滑るスライスが効果的です。

 

アプローチショットに自信が持てず、
平衡陣に出られない人は、
試してみてください。

 

スポンサーリンク



関連ページ

バックハンドスライス
バックハンドのスライスリターンで球に威力がなく、ポーチに捕まってしまうという人も多いと思います。でも、正しいスライスを身に着けることで、逆に武器にすることもできます。