ストローク

ストローク記事一覧

試合になるとなぜかリターンがボレーヤーに捕まってしまう。そんな悩みはありませんか?試合になると相手の前衛は、ポーチに出るふりをしたり、またサイドによる動きをしたり、いろいろな仕掛けをしてプレッシャーをかけてきます。そんな時、後衛は、その動きに惑わされず、リターンをする必要があります。前衛に捕まらないようにするためのポイントは構えにあります。

試合で、速いサーブを打つ相手だと、なかなかサーブを返すのが難しくなります。その理由は、どうしても打点が遅れてしまうからです。しかし、サーブが速いからといって後ろに下がると前衛がポーチしやすくなってしまいます。そんな時、リターンの仕方をちょっと変えると、意外と楽にリターンすることができます。速いサーブのリターンのポイントは、テークバックをひきすぎないスプリットステップを踏む速いサーブほど踏み込むフォ...

ショートクロスのストロークとは、アレーコートに短く落とすショットです。鋭い回転をかけるため、打ち方が難しくて敬遠する人も多いのかもしれません。でも、1発で平行陣の陣形を崩したり、そのままエースをねらえるショットなので、練習しておく価値はあります。シュートクロスの打ち方で気を付けたいのは、ラケットの面がクロスに向いているインパクトの後にラケットを上に抜くいつも以上に打点を前にするということです。高い...

テニスで、バックハンドがどうしても苦手、という人は多いと思います。バックハンドが打てない人は、片手でスライスなら簡単だよ、と教えられた人はいませんか?確かに、バックハンドスライスは簡単ですが、ダブルスのリターンで使うとほとんどの場合ポーチに出られ決められてしまいます。バックハンドスライスしか打てないとわかると集中的にバックハンド狙いされます。特に、バックサイドのリターンの場合、バックハンドが苦手だ...

ダブルスの試合に出ると、普段では経験経験できないような速い球を打つ人と対戦することがあります。速い球の返し方もわからないまま、何もできずに負けてしまった、という経験のある人も多いのではないでしょうか?でも、速い球を打ち返すことは以外と簡単です。ここでは、速い球を返す方法や、有効な練習方法についてご紹介します。

テニスの試合でビッグサーバーと対戦するとき、最も効果的なショットがブロックリターンです。何故かというと、ビッグサーバーの渾身のサーブが返されると、次のショットを打つ時間がなくなるからです。サーブの速い人の特徴として、普段の試合ではほとんどサーブだけでポイントをとっています。返球されてもコントロールが難しいため、チャンスボールとか、前衛がボレーで決めてくれたりします。なので、サーブの後のショットに慣...

ダブルスのゲームでのクロスラリーが苦手、と悩んでいる人はいませんか?あるいは、練習試合ではポーチに捕まらないのに、なぜか試合になると前衛が気になってクロスに打てなくなる、という人も多いと思います。ダブルスはクロスに打つのが基本です。クロスラリーが苦手では、なかなか試合に勝つことは難しいですよね。でも、基本的にクロスに打つことは、クロスに向かってまっすぐ打てばいいだけのはずです。ストレートに打つのと...

ダブルスの試合でレベルが上がると、ベースライン近くの深いボールを打つ人が多くなってきます。ボレーやストロークで深いボールを打てば、ドロップショットが決まりやすいし、前衛もポーチに出やすいからです。そのうえ、重く感じられて返すのが大変です。相手に深いボールを打たれると、処理が厄介です。しかし、難しい深いボールを上手くつなげてポイントに結びつけることがダブルスの試合で勝ち抜くために必要なことです。深い...

パッシングショットを打たないと、相手の前衛は楽にポーチに出てきます。クロスの厳しいコースに打っても、ストレートに打たないとわかると大胆にポーチに出てこられます。なので、レシーバーは、時々ストレートにパッシングショットを打つ必要があります。しかし、ただやみくもにストレートを狙っても、前衛のチャンスボールになる可能性があります。パッシングショットを打つタイミングは、どのような時なのでしょうか?

テニスダブルス

速い球は打てるのに、球出しの緩い球だとネットしたりホームランする。そんな悩みで困っていませんか?簡単そうな緩い球でミスすると恥ずかしいですよね。でも、緩い球を自分の力で打ち返すのは以外と難しいのかもしれません。試合でもサーブが苦手でアンダーサーブで打ってくる相手に対してリターンミスを繰り返す人は意外と多いと思います。それなりに経験を積んだ人が、速い球を打ち返せるのに、球出しの緩い球を打つとミスしや...