ドロップボレーを決めるコツ

ダブルスの試合でドロップボレーを決めるコツ

テニスダブルス

ドロップボレーとは
前衛がネット際に落とすボレーのことです。

 

ドロップボレーとドロップショットとの違いは
ドロップショットはストロークの中で打つショットに対して、
ドロップボレーはネットの近くから打つショットになります。

 

ドロップショットに比べて打つ距離が短いため、
相手が追いつく時間が短くなるため
成功率が高いショットになります。

 

 

しかし、ネット際に落とすような
微妙なタッチが要求されるので
難易度は高くなります。

 

飛んでくる球の勢いをうまく吸収して、
ネット際にコントロールする必要があるからです。

 

上手くコントロールできないと
相手に追いつかれて逆襲されることもあります。

 

チャンスボールをあえてゆっくり返すことになるため
失敗したときのダメージが大きくなるかもしれません。

 

なので、ドロップボレーは打ち方だけでなく、
使うタイミングやコースを考えて
打つことが重要になります。

 

ここでは、ドロップボレーの打ち方や
上手く決めるコツについてまとめてみました。


ドロップボレーのメリット、デメリット

テニスダブルス

ドロップボレーはリスキーなショットですが
使うだけのメリットがあります。

 

それは、相手を走らせて
体力を消耗させることができることです。

 

あまり、予想していないショットなので、
スタートが遅れがちになり、
ダッシュしなければならないからです。

 

さらに、試合の流れを変えることができる
というメリットもあります。

 

なぜなら、相手がドロップボレーを
警戒するようになるからです。

 

通常のボレーとドロップボレーを
混ぜて打つことにより、
相手はドロップボレーを警戒します。

 

すると、ネット際の方にも意識がいくため
通常のボレーも決まりやすくなります。

 

逆に、ドロップボレーのデメリットは、
甘くなれば相手のチャンスボールになることです。

 

ちょっと当たりが強いと相手のチャンスボールになり、
逆襲されることもあります。

 

また、ドロップボレーが読まれていると、
いいショットをしても逆襲されることもあります。

 

ショット自体がゆっくりなショットなので、
余裕で追いつかれればただのチャンスボールです。

 

せっかくの決定機を不意にしてしまうのはとても痛いです。

 

失敗するとパートナーに申し訳ないですよね。

 

タッチが要求される難しいショットだけに
試合で使うのに勇気がいるショットになります。

 

しかし、ドロップボレーのタッチを磨き、
タイミングやコースを考えることで
ドロップボレーの成功率は格段に上がります。

 

 


ドロップボレーの打ち方

テニスダブルス

ドロップボレーは、
とにかくボールの勢いを吸収することが大切です。

 

そのため、ボールの下半分をなでるように打ちます。

 

そうすることで、
ボールに逆回転がかかって上に上がります。

 

そして、山なりの軌道を描いて
ネットを超えるようなイメージです。

 

飛んでくるボールのスピードに合わせて
力加減を調整するこちがポイントになります。

 

力加減は回数を重ねることによって
わかってくると思います。

 

山なりの頂点はネットの手前にくるように
ボールの軌道を意識すると精度がよくなります。

 

あまり強く振らず、
軽くなでるように打つとタッチがよくなるでしょう。

 

タッチが必要なので、
日ごろからラケットでボールを突く練習をして
感覚を養っておくことが大切です。

 

例えば、スライス回転をかけたり、
ラケットの上でボールを止める練習をすると効果的です。

 

家でできる練習なので、
毎日でも練習することができます。


ドロップボレーのコツ

まず、ドロップボレーをやさしくするには、
クロスに打つことです。

 

なぜなら、クロスに打てば、
距離が長くなるので成功しやすくなるからです。

 

さらに、斜めにバウンドするので
追いつきにくくなります。

 

ボールの斜め下を軽くなでるように
打つのがポイントです。

 

サイドスピンがかかって、
コートの外にバウンドしていくので、
相手は追いつきにくくなります。

 

最初は遅い球をドロップボレーする

 

ドロップボレーはボールの勢いを吸収する必要があるため、
速い球をドロップボレーするのは難しくなります。

 

速い球は当てるだけでも飛んでいくので、
短くコントロールするのが難しいからです。

 

素早くボールの勢いを吸収して
ネット際に落とすにはかなり練習量が必要です。

 

なので、最初は遅い球を
ドロップボレーすることをおすすめします。

 

ばれないように打つ

 

あからさまにボールの下をカットしようとする打ち方だと、
相手にドロップボレーがばれてしまうかもしれません。

 

ドロップボレーがばれると、
ただのチャンスボールになる可能性があります。

 

なので、ばれないように、
ボレーと同じ構えでドロップボレーを打ちます。

 

通常のボレーの構えから、
打つ瞬間に面の向きを変えて打ちます。

 

同じ打ち方で普通のボレーと
ドロップボレーを打つことで
相手はコースがわからなくなります。

 

ドロップボレーの次のショットで決める

 

ドロップボレーは一発で決める、
というイメージを持っていませんか?

 

実は、ドロップボレーを打った後が大事です。

 

一発で決まればよいのですが、
なかなかそうはいきません。

 

相手に返されることを前提に、
ポジションをとることが大切です。

 

相手の状況を見ながら、
次のショットに備えましょう。

 

例えば、相手が返すだけの状態なら、
相手の正面に移動して、
チャンスボールに備えます。

 

相手が余裕で追いつきそうなら、
後ろに下がって強打に備えます。

 

相手が前に走ってきているので、
相手ペアの真ん中は空いているはずです。

 

なので、返されても次のショットで決める、
という意識があれば、
思い切って使うことができるでしょう。

 

使うタイミングを考えること

 

ドロップボレーは使うタイミングを
考えて打つことが大切です。

 

例えば、相手ペアが平行陣のときに
ドロップボレーをしても
余裕で追いつかれてしまいます。

 

なるべく相手が追いつけないような
タイミングで打つことが大切です。

 

例えば、
相手の後衛がベースラインの後ろから打ったとき、
相手の後衛がセンターから打ったときなどが効果的です。

 

また、相手がハードヒットしたときは、
ドロップボレーは予測できないし、
相手の体勢が崩れている可能性があります。

 

速い球をドロップボレーすることは難しいですが、
できるようになると効果的です。

まとめ

ドロップボレーのメリットは、
相手を走らせて体力を使わせたり、
試合の流れを変えることができることです。

 

ドロップボレーを使えるとわかると、
相手は警戒して、
普通のボレーも決まりやすくなるからです。

 

その反面、タッチが要求される難しいショットでもあり、
タッチが悪いと追いつかれて逆襲されることもあります。

 

使うのに勇気のいるショットです。

 

ドロップボレーを成功させるには、
コースや打つタイミングを考えて打つ必要があります。

 

後衛に追いつかれないようにするため、
後衛がベースラインの後ろで打ったときや、
センターから打ったときなどが
ドロップボレーが成功成功しやすいタイミングです。

 

また、クロスに打つことにより、
距離が長くなるので、
ドロップボレーしやすくなります。

 

ドロップボレーのタッチは、
ラケットでボールをつきながら
練習することができます。

 

家でできる練習なので、
毎日でも練習することができます。

 

普段からボレーのタッチを磨くことで、
自信を持ってドロップボレーを使えるようになるはずです。

スポンサーリンク



関連ページ

ドロップショットのコツ
テニスのダブルスで、ドロップショットは成功するのが難しいショットです。でも、打ち方やタイミングを工夫することで、成功率を上げることができます。