勝つための技術

技術編

ここでは、ダブルスの実践で使える
技術についてご紹介します。

 

これらの技術を身に着ければ試合を
有利に進めることができます。

技術編記事一覧

試合になるとなぜかリターンがボレーヤーに捕まってしまう。そんな悩みはありませんか?試合になると相手の前衛は、ポーチに出るふりをしたり、またサイドによる動きをしたり、いろいろな仕掛けをしてプレッシャーをかけてきます。そんな時、後衛は、その動きに惑わされず、リターンをする必要があります。前衛に捕まらないようにするためのポイントは構えにあります。

ダブルスにおいて、ポーチに出ることは、相手のレシーバーにプレッシャーを与えるので、勝つためにとても効果的です。前衛のポーチでいかにプレッシャーをかけれるかが、ダブルスで勝つための大きなポイント、といっても過言ではありません。一度でもポーチを成功させれば、相手のリターンをまどわせて試合を有利に進めることもあります。ところで、あなたは前衛で、ポーチに出るとき、どのようなポジションからスタートしますか?...

バックハンドが苦手な人の中には、スライスしか打てない、という人も多いと思います。特に片手バックハンドの人に多いですね。ダブルスの試合になると、バックハンドスライスリターンは、結構、というかほとんどポーチに狙われやすいです。サーブでバックハンドを狙われて簡単に決められてしまいます。リターンゲームが取れないと試合では勝ち目はないですよね。でもバックハンドスライスはさまざまなメリットがあります。

試合で、速いサーブを打つ相手だと、なかなかサーブを返すのが難しくなります。その理由は、どうしても打点が遅れてしまうからです。しかし、サーブが速いからといって後ろに下がると前衛がポーチしやすくなってしまいます。そんな時、リターンの仕方をちょっと変えると、意外と楽にリターンすることができます。速いサーブのリターンのポイントは、テークバックをひきすぎないスプリットステップを踏む速いサーブほど踏み込むフォ...

キックサーブは力がいるから自分にはできない。となかなか習得できない人は、意外と多いのかもしれません。キックサーブは相手のバック側にコントロールできれば相手は攻撃できなくなるとても有効なサーブです。できるだけ高いバウンドで、深めにコントロールできれば相手の嫌なサーブになります。また、ネットの2倍以上の高さに打ち出すので、フォルトしにくいサーブでもあります。つまり、相手は返しにくく入りやすいため、とて...

ショートクロスのストロークとは、アレーコートに短く落とすショットです。鋭い回転をかけるため、打ち方が難しくて敬遠する人も多いのかもしれません。でも、1発で平行陣の陣形を崩したり、そのままエースをねらえるショットなので、練習しておく価値はあります。シュートクロスの打ち方で気を付けたいのは、ラケットの面がクロスに向いているインパクトの後にラケットを上に抜くいつも以上に打点を前にするということです。高い...

テニスで、バックハンドがどうしても苦手、という人は多いと思います。バックハンドが打てない人は、片手でスライスなら簡単だよ、と教えられた人はいませんか?確かに、バックハンドスライスは簡単ですが、ダブルスのリターンで使うとほとんどの場合ポーチに出られ決められてしまいます。バックハンドスライスしか打てないとわかると集中的にバックハンド狙いされます。特に、バックサイドのリターンの場合、バックハンドが苦手だ...

初心者がテニスのサーブを習うとき、コンチネンタルグリップで握りなさいと教わると思います。コンチネンタルグリップとは、ラケットの面を地面と垂直にして上から握るグリップのことです。ちょうど、包丁を持つような感じですね。しかし、コンチネンタルグリップで握ると左に飛んでいってうまく打てない、という人も多いと思います。軟式テニスをやっていた人などは、すごく違和感があると思います。なぜ、このような難しい握りで...

ダブルスの試合に出ると、普段では経験経験できないような速い球を打つ人と対戦することがあります。速い球の返し方もわからないまま、何もできずに負けてしまった、という経験のある人も多いのではないでしょうか?でも、速い球を打ち返すことは以外と簡単です。ここでは、速い球を返す方法や、有効な練習方法についてご紹介します。

テニスの試合でビッグサーバーと対戦するとき、最も効果的なショットがブロックリターンです。何故かというと、ビッグサーバーの渾身のサーブが返されると、次のショットを打つ時間がなくなるからです。サーブの速い人の特徴として、普段の試合ではほとんどサーブだけでポイントをとっています。返球されてもコントロールが難しいため、チャンスボールとか、前衛がボレーで決めてくれたりします。なので、サーブの後のショットに慣...

ダブルスのゲームでのクロスラリーが苦手、と悩んでいる人はいませんか?あるいは、練習試合ではポーチに捕まらないのに、なぜか試合になると前衛が気になってクロスに打てなくなる、という人も多いと思います。ダブルスはクロスに打つのが基本です。クロスラリーが苦手では、なかなか試合に勝つことは難しいですよね。でも、基本的にクロスに打つことは、クロスに向かってまっすぐ打てばいいだけのはずです。ストレートに打つのと...

難しいローボレーやハイボレーはできるのに、ネットダッシュ後のファーストボレーはネットしたりオーバーしたり、何故かミスしてしまう。そんな悩みを持つ人も多いと思います。確かに、ファーストボレーで相手を追い詰められれば、サービスゲームをキープする確率は上がります。平衡陣で試合に勝つためには、とても重要なショットになります。でも、ネットプレーの中で、ファーストボレーは一番ミスしやすいショットです。通常のボ...

ダブルスの試合でレベルが上がると、ベースライン近くの深いボールを打つ人が多くなってきます。ボレーやストロークで深いボールを打てば、ドロップショットが決まりやすいし、前衛もポーチに出やすいからです。そのうえ、重く感じられて返すのが大変です。相手に深いボールを打たれると、処理が厄介です。しかし、難しい深いボールを上手くつなげてポイントに結びつけることがダブルスの試合で勝ち抜くために必要なことです。深い...

ボディーサーブとは、相手の体に向かって打つサーブのことです。なぜ、わざわざ体に向かって打つのかというと相手が打つスペースがないため、打ちにくくなるからです。体に近づくほど腕を曲げて打たなければならず、ラケットに当てるのが難しくなるサーブです。スピードのあるボールで、自分の方に向かってくるサーブはかなり取りにくいです。ここでは、効果的なボディーサーブを打つ方法についてまとめてみました。

パッシングショットを打たないと、相手の前衛は楽にポーチに出てきます。クロスの厳しいコースに打っても、ストレートに打たないとわかると大胆にポーチに出てこられます。なので、レシーバーは、時々ストレートにパッシングショットを打つ必要があります。しかし、ただやみくもにストレートを狙っても、前衛のチャンスボールになる可能性があります。パッシングショットを打つタイミングは、どのような時なのでしょうか?

硬式テニスの試合で、アンダーサーブは意外と使えます。確かに、上からサーブを打つよりスピードが出ないので使うのをためらうのかもしれません。また、アンダーサーブを打つと相手に失礼とか、アンダーサーブはルール違反とまで思っている人もいます。でもアンダーサーブはマナー違反はありません。実際、プロの試合でも時々見かけることがあります。アンダーサーブは練習すれば、意外と使える武器になります。ここでは、アンダー...

ダブルスにおいて、アプローチショットかうまく打てると、とてもポイントが取りやすくなります。アプローチショットが甘くなると、ボレーに出ても攻められるだけでポイントが取れません。それだけアプローチショットは、クォリティーが求められるショットになります。ここでは、効果的なアプローチショットを打つコツについてまとめてみました。

テニスダブルス

ドロップショットとは、相手コートのネット際に落とすショットです。ダブルスでは2人でコートを守るため成功するのが難しいと思っている人が多いと思います。また、中にはドロップショットはせこいという人もいて、使わない人も多いのではないでしょうか?しかし、ひとつ間違えると相手のチャンスボールになるためとても勇気のいるショットです。 大事なポイントでドロップショットを打てるのはとても凄いことです。ダブルスにお...

ファーストサーブの確率が上がれば、ポイントする確率も上がります。それは、単にスピードが速いというだけではありません。ファーストサーブが入ることで、相手は後ろのポジションでリターンしなければならないからです。でも、ファーストサーブが入らなくて悩んでいる人も多いと思います。入らない原因はいろいろあると思いますが、根本的にサーブのスキルが足りていないのだと思います。セカンドサーブもほぼフルスイングで回転...

テニスをしている人の大半は、バックハンドが苦手だと思います。試合で勝つためのセオリーとして、とりあえず相手のバックハンドを狙うというセオリーがあるくらいです。バックハンドが苦手な原因として、スピンがかからない、ということが挙げられると思います。スピンがかからないために、ボールが落ちずにオーバーする。安定して打てないから、オーバーが怖くて強く叩けない。バックハンドが苦手なので、試合で狙われて悔しい思...

テニスダブルス

試合で強いペアに勝てるようになるためには、相手が打つ前に前衛が予測して動くことが必要になります。試合のレベルが上がるほどストロークの球が速くなるので予測して動かないと追いつかないからです。すると、本来ボレーしなければいけないコースまで、ボレーすることが難しくなり、パートナーの守備範囲が広くなり苦しくなります。なので、前衛はコースを予測して動き、少なくとも前衛はセンター付近のボールはボレーする必要が...

テニスダブルス

味方のサーブが甘い時、相手のリターンでストレートアタックされて止められない。そんな悩みで困っていませんか?ミックスダブルスだと、女性のサーブの時によくやられますよね。また、男子ダブルスでも、オムニやクレーなど、球足が遅いコートだとやられたりします。そんなとき、前衛の反応が悪いと集中攻撃されてサーブがキープできなくなります。多少コースが甘くても攻撃されないとなると、リターンにプレッシャーがかかりませ...

テニスダブルス

速い球は打てるのに、球出しの緩い球だとネットしたりホームランする。そんな悩みで困っていませんか?簡単そうな緩い球でミスすると恥ずかしいですよね。でも、緩い球を自分の力で打ち返すのは以外と難しいのかもしれません。試合でもサーブが苦手でアンダーサーブで打ってくる相手に対してリターンミスを繰り返す人は意外と多いと思います。それなりに経験を積んだ人が、速い球を打ち返せるのに、球出しの緩い球を打つとミスしや...

テニスダブルス

手首のスナップを使って、フォアハンドを強化させたい。そんな考えを持つ人も多いと思います。確かに、手首を柔らかく使えば、スイングスピードが上がり、球のスピードを出せるかもしれません。でも、やみくもに手首を使ってもラケット面が安定せず、ショットも安定しなくなります。正しい手首の使い方をしないと、かえってミスを増やすことになります。

テニスダブルス

トップスピンロブは距離感が難しい、上級者にならないと打つことはできない、と思っていませんか?確かに、スピンのかかり具合によって飛び方が変わるから失敗する確率が高いと思うかもしれません。打つタイミングも難しそうですしね。でも実は、チャレンジしないだけで、意外と打つのはやさしいかもしれません。なぜなら、トップスピンの応用で打てるからです。手首の使い方はトップスピンと同じ使い方です。ただ、前に振っていた...

テニスダブルス

試合で平行陣をするために、ローボレーをコート深くにコントロールすることが大切です。遅いボールでも深い位置に返して、相手に攻められないようにし、攻撃するチャンスを待つのがローボレーの役割です。スピードが遅くても、相手後衛の打ちにくいコースに打てれば、ポイントできる確率が上がります。サービスラインから打っている時点で、ストロークより相手に余裕を与えないショットになるからです。逆に、ローボレーが浅くなる...