ダブルスのバックサイドでのリターン

ダブルスのバックサイドでのリターンのコツ

テニスダブルス

テニスで、バックハンドがどうしても苦手、
という人は多いと思います。

 

バックハンドが打てない人は、
片手でスライスなら簡単だよ、
と教えられた人はいませんか?

 

確かに、バックハンドスライスは簡単ですが、
ダブルスのリターンで使うとほとんどの場合
ポーチに出られ決められてしまいます。

 

 

バックハンドスライスしか打てないとわかると
集中的にバックハンド狙いされます。

 

特に、バックサイドのリターンの場合、
バックハンドが苦手だと最悪です。

 

クロスにしっかりとしたリターンが打てないとわかると
決まってポーチに出られます。

 

はっきり言ってカモにされます。

 

ダブルスでサイドを決める場合、
左利きがいる場合は左利きがバックサイドをするのが一般的です。

 

また、バックハンドがしっかり打てる人がいれば、
その人にバックサイドをしてもらうのがいいでしょう。

 

しかし、バックハンドスライスしか打てない人、
バックハンドが苦手な人とペアを組む場合、
自分もバックハンドが苦手だと、
かなり不利になってしまいます。

 

バックハンドスライスしか打てないスキルで、
どうやったら勝てるのでしょう?

 

右肩を前衛の方に向ける

 

まず、リターンする前に早めに構えを作り、
右肩をしっかり入れることが大切です。

 

右肩を入れることにより、
ストレートとクロスどちらに来るか
前衛にはわからなくなるからです。

 

右肩を前衛の方に向けると、
前衛はストレートが来ると思うはずです。

 

そこでクロスにスライスリターンできれば、
相手の前衛のポーチのスタートを遅らせることができます。

 

リターンのスピードが多少遅くても
そんなにポーチに捕まることもなくなるでしょう。

 

それでもポーチに出るようなら、
時々ストレートを狙ってやりましょう。

 


スライスでショートクロスを狙う

いくらスピードが遅くても、
バックハンドスライスでショートクロスへ打てれば
そんなに簡単にポーチに出られません。

 

なぜなら、相手の前衛はセンターラインをはるかに超えて
ポーチに出なければいけないからです。
テニスダブルス
仮にポーチで追いついたとしても、
フォアサイドにオープンコートができます。

 

やっと追いついたボレーで
1発で決められなければ
オープンコートへ簡単に決められます。

 

また、ショートクロスは相手のバックハンド(右利きの場合)です。

 

しかも、スライスで沈んだボールなので
簡単にコントロールできません。

 

返球されたボールはチャンスボールになる確率が高くなります。

 

相手の前衛の態勢が悪い場合は、
ボレーが浅くなりやすいので、
ネット際のボールを警戒して
少し前に出ましょう。

 

また、相手の後衛がリターンした場合、
後衛はコートの外に出るため
センターにオープンコートができます。

 

なので、ゆっくりでもショートクロスにコントロールすれば
有効なショットになるはずです。

 

スライスロブを多用する

一番簡単なスライスリターンは
スライスロブです。
テニスダブルス
相手の前衛の後ろにスライスロブを打てば
陣形を崩すことができます。

 

特に、相手が平衡陣の場合、
後衛は斜め後ろに下がらなければならず、
ミスを誘えるし体力も使わせることができます。

 

また、ロブが深ければ深いほど
後衛からの返球はチャンスボールになりやすくなります。

 

うまくロブが上げられれば、
前衛に捕まることもないので
攻撃される心配も少なくなります。

 

ただし、注意したいのはロブが浅くなった時です。

 

前衛に捕まるような浅いロブを上げると
簡単にセンターに決められます。

 

なので、バックハンドのスライスロブを、
ストレートに深くコントロールできるように
練習しておく必要があります。

 

まとめ

これまでお話ししたように、
バックハンドが苦手でスライスしか打てなくても、
バックサイドでポイントを取る方法はあります。

 

そのためには、最低限
バックハンドスライスをクロスとストレートに打ち分けること、
ストレートロブをコートの深くにコントロールすること
この2つのスキルが必要になります。

 

大切なことは、相手の前衛にコースを読まれないことです。

 

スライスを打つとき肩をしっかり入れ
打つコースを隠すことが重要です。

 

スポンサーリンク



関連ページ

実践で使えるリターン
ダブルスの試合になるとなぜかポーチに捕まってしまう、という人も多いと思います。前衛にボレーさせないために実践でつかえるリターンのコツをご紹介します。
速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
速い球の返し方
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
深いボールの返し方
テニスの試合に勝ちぬくには、深いボールをミスせず返し、ポイントにつなげていくことが重要になってきます。しかし、深いボールは返しにくいし、返ってもポイントされる確率が高いです。ここでは、さまざまな深いボールの返し方についてまとめてみました。
パッシングショット
ダブルスの試合でパッシングショットを打つタイミングがわからない、という人も多いと思います。ここでは、効果的なパッシングショットの使い方についてご紹介します。
緩い球が打てない原因
緩い球が苦手で打てない原因や対処法についてまとめてみました。勢いのないボールを打つための注意点とは?