ノーアドバンテージとは

ノーアドバンテージとは?

テニスダブルス

テニスの試合に出るなら、
ノーアドバンテージのルールは
知っておく必要があります。

 

ノーアドバンテージとは、
アマチュアの試合特有のルールです。

 

略してノーアドということもあります。

 

ゲームのポイントが40-40になったら、
次のポイントでそのゲームの決着をつける
というルールです。

 

 

プロの試合では、40-40になったら
デュースとなり
どちらかが2ポイントリードするまで
そのゲームを続けます。

 

40-40からポイントを取った方が
アドバンテージとなり
その次のポイントを取ったらゲームを取ることになります。

 

ノーアドバンテージは、
アドバンテージを行わない
という意味です。

 

なぜノーアドバンテージをするのかというと、
試合時間を短くするためです。

 

通常のルールを採用すると、
互いにポイントを取り合う展開になったとき、
1ゲームが何ポイントで終わるかわかりません。

 

しかし、ノーアドバンテージを採用すると、
1ゲーム最大7ポイントで終わることができます。

 

アマチュアの試合では、
1日で全ての試合を消化しなければいけないことがほとんどなので、
ノーアドバンテージを採用して、
たくさんの試合をこなす場合が多くなります。


ノーアドバンテージの進め方

テニスダブルス

ノーアドバンテージをするときは、
40-40の次のポイントは、
フォアサイド、バックサイド、
どちらか選んでプレーします。

 

奇数のポイントがフォアサイド、
偶数のポイントがバックサイドですが、
最後の1ポイントは、
必ずしもフォアサイドとは限らない
ということです。

 

ノーアドバンテージのサイドは、
ミックスダブルスとそれ以外で
決め方が違います。

 

ミックスダブルスの場合は、
サーバーが男性の場合は
レシーバーも男性になります。

 

サーバーが女性の場合は、
レシーバーも女性になります。

 

それ以外、男子ダブルス、女子ダブルスの場合は、
レシーバー側が決めたサイドのサーブになります。

 

つまり、男子ダブルス、女子ダブルスは、
レシーバーが有利なサイドに決められる
ということになります。

 

サイドを選ぶときは、
ポイントを取れている方のサイドを選びましょう。

 

ゲームカウントが40-40になったら、
サーバーがレシーバーに対して
どちらのサイドにするか聞くのがマナーです。

 

そのゲームのサーバーは相手ペアに、
「40-40です。サイドはどちらにしますか?」
と聞きます。

 

間違えて聞くのを忘れ、
デュースありのようにフォア、バックの順番で
進めないように注意しましょう。

 


試合要項を確認すること

試合前に試合のルールを確認するため、
試合要項の用紙が配られたり
口頭で試合要項が発表されたりします。

 

ノーアドバンテージや
6-6タイブレークか6ゲーム先取なども
試合要項の中に含まれています。

 

試合で間違えないように、
試合要項には目を通しておきましょう。

 

口頭の発表のみの場合は、
聞き流さないように注意しましょう。

 

試合方式はノーアドバンテージ方式と
デュースありの方式があります。

 

そのゲームを取るポイントとそうでないポイントでは、
集中力も変わってくると思います。

 

方式を間違えて取ったはずのゲームを
落とすこともあるので注意が必要です。

 

ノーアドバンテージのメリット

テニスダブルス

ノーアドバンテージのメリットは
試合時間を大幅に短縮できることです。

 

デュースありのゲームでは、
多いときで10ポイント以上消化しても
ゲームが終わらないこともあります。

 

しかし、ノーアドバンテージなら、
最大7ポイントでゲームを終わらせることができます。

 

試合時間がある程度計算できますよね。

 

草トーナメントだと、
1日で全試合を消化しなければいけないので
採用している試合が多いです。

 

また、試合数がたくさんできる
というのもメリットの1つです。

 

トーナメントの前に
数ペアの総当たりができたりして、
一人あたり最低2~3試合できる大会もあります。

 

勝ち抜けないペアでも
数試合できるため、
試合経験をたくさん積みたい人には
メリットが大きいでしょう。

 


ノーアドバンテージのデメリット

テニスダブルス

ノーアドバンテージのデメリットとしては、
選手にとって不公平に感じる人もいる
ということです。

 

レシーバー側がサイドを決めるため、
サーバーは少し不利になるからです。

 

サービスゲームをキープしたい人は、
サーバー側がサイドを選びたいと思うかもしれません。

 

ラッキーショットやまぐれの1発で
サービスゲームを落とすこともあります。

 

人によってはあまり好まない人もいるでしょう。


まとめ

ノーアドバンテージとは、
40-40になったら次のポイントで
ゲームの決着をつけるルールです。

 

試合時間を短縮するために、
考えられたルールです。

 

最大でも7ポイントでゲームが終わるので
ある程度試合時間が計算できます。

 

ノーアドバンテージにすることで、
1人あたりの試合数を増やしている大会もあります。

 

例えば、敗者復活戦をやったり、
トーナメントの前に
数ペアで総当たり戦をしたりして
勝てないペアでも数試合できる大会もあります。

 

たった1日の大会でみんなが楽しめるのは、
ノーアドバンテージのルールを採用して、
試合時間を短縮しているからかもしれません。

 

少し不公平な感じはありますが、
限られた時間やコート数で
できるだけたくさんの試合をこなすのに
とても役立つルールといえます。

スポンサーリンク



関連ページ

タイブレーク
テニスの試合に出ているとタイブレークをする場面が必ずあります。その時ルールを知らないと戸惑ってしまいプレーにも影響するかもしれません。ここでは、タイブレークのやり方やタイブレークに強くなる方法などについてまとめてみました。
サーブに関するルール
テニスの試合に出るならサーブに関するルールや順番などを詳しく知っておくことはとても大切です。ここでは、テニスのサーブに関するルールについてまとめてみました。
テニスのルール【インアウト】
テニスの試合で判定に関するルールを知らないで失点するケースはかなりあります。ここでは、テニスのインアウトなどの判定についてまとめてみました。
点数の数え方
テニスの点数の数え方についてまとめてみました。ポイントの数え方からわかるテニスの面白さとは?