平行陣の戦略

平行陣の戦略

平行陣の戦略記事一覧

テニスダブルス

一般的に、ダブルスでは雁行陣よりも平行陣の方が有利と言われています。ベースラインでラリーをするよりも、ネット近くでボレーをした方がポイントを決められる範囲も広がるからです。始めは、ネットダッシュをするのに勇気がいるかもしれません。でも、思い切ってネットダッシュすると、思ったよりポイントをとれる場合もあります。前衛はあまり動く必要がないので平行陣ですることは意外とシンプルです。

テニスダブルス

平行陣は攻撃的で相手にプレッシャーを与えることができるので、うまくできれば試合を有利に進められます。しかし、弱点もあります。まず、平行陣のフォーメーションを使う場合、ボレーやスマッシュが苦手ではうまくいきません。関連記事テニスのボレーを上達させるポイントボレーの成功率を上げる練習方法いくら相手にプレッシャーがかかるといっても、中級レベル以上になれば苦手なところを突いてくるのは言うまでもありません。...

テニスダブルス

サーブアンドボレーとは、サーブを打った後前に詰めることによってラリーのテンポを早くして、相手にストロークを打つ余裕を無くする戦術のことです。後衛がベースラインより前に詰めることで、相手の打つ時間を短くして、プレーしにくくさせるプレーです。ダブルスの試合の場合、後衛はサーブアンドボレーをして、平行陣で攻めた方が有利です。しかし、サーブアンドボレーは難しそうで、上級者がするものだと思っていませんか?ボ...

テニスダブルス

リターンダッシュとは相手のサーブをリターンして前に出るプレーのことです。前に踏み込んで打てるため、サービスダッシュよりもスムースに前に出られます。しかも、相手はサーブを打った後なので、次のショットに時間がかかります。そこに、一歩踏み込んだリターンがくるため、サーバーにしたら返す時間がなくなって、かなり苦しい状況になります。セカンドサーブなど、サーブが甘くなったときを選んで打つため、サービスダッシュ...