ボレーの練習方法

人気のテニス教材!

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜

ダブルスの試合で勝つためのスキルを学びたいという方におすすめの教材です!

ボレーの成功率を上げるための練習方法とは?

ダブルス戦略

ダブルスに勝つためには、
ボレーがとても重要になってきます。

 

しかし、ボレーが上手くできない、
という人は意外と多いです。

 

本来ボレーは、来たボールに当てるだけなので、
とってもシンプルなはず。

 

ボレーが上手くいかない人は、
ボールのくる位置にラケットの面を
セットできていないからです。

 

ボレーの成功率を上げるために、
良い練習方法があります。

 


ラケット面を作る

ボレーの確率を上げるには、
ラケット面が正確にできていることが大切です。

 

ボールにスライス回転をかけるので、
ラケット面は地面と直角より
やや上を向いているのが最適です。

 

ラケット面の角度が不安定だと、
ボレーの打ち出し角度が安定せず、
成功率が下がります。

 

なので、ボールの飛んで来ない状態で
実際のボレーの打ち方をしてみて、
ラケット面の向きをチェックしてみましょう。

 

ボールが飛んでくる位置に面を合わせる

ボレーをするとき、
相手が打ったボールの高さや方向に
意識して素早く面を合わせることが大切です。

 

なぜかというと、
打つときに面を動かすと、
ボレーのミスにつながるからです。

 

威力があり正確なボレーをするためには、
しっかり踏み込んで体重移動する必要があります。

 

面が合っていない状態で体を動かしながら
面を合わせていくのは難しいですよね。

 

どうしても、成功率は下がります。

 

なので、ラケットの芯に正確に当てるためにも
ボールが飛んでくるところに
面を合わせることが重要になるのです。

 

また、この面を合わせる動作が早いほど
余裕を持ってボレーができます。

 

ボレーに余裕ができると、
その後しっかり踏み込むことができるので
スピードのあるボレーができます。

 

逆に、面を合わせる動作が遅れると、
踏み込む余裕がなくなり
当てるだけのボレーになります。

 

この、面を合わせる早さが
ボレーの成功率に直結します。

 

スピードボールをボレーする

面を合わせることができているかは
ストロークにスピードがある人と
ボレー対ストロークの練習をすればわかります。

 

ボールにスピードがあっても
素早く面を合わせれば、
踏み込んでボレーができます。

 

球が速すぎて踏み込めない場合は、
反応や動作を速くして
何とかついていくようにしてください。

 

余計な動作をなくして、
ラケットをなるべくコンパクトに引くことがポイントです。

 

ボレーは反応の速さが勝負です。

 

もし、ストロークの速い人がいないときは、
練習相手にベースラインの前からストロークしてもらうのも練習になります。

 

スピードボールでも、体勢を崩しても
しっかりボレーできるように、
面を作ることを意識して練習してください。

 

実践では、フラットだけでなく、
スライスやスピンのボールが飛んできます。

 

そんな時でも、来るボールの位置を予測して、
素早くラケットの面を合わせることが大切です。 

 

 

スポンサーリンク



関連ページ

一人練習
自分一人でテニスの練習したいときに、壁打ちをする人も多いと思います。でも、正確に打てないとなかなか続きませんよね。そんな時、効果的に練習する方法についてご紹介します。
サーブの上達法
サーブが苦手という人は意外と多いようです。でも、ダブルスの試合で勝つためにはサーブの上達は必須です。サーブが苦手な人は、ちょっとイメージを変えると上手くいくかもしれません。