勝つための技術

人気のテニス教材!

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜

ダブルスの試合で勝つためのスキルを学びたいという方におすすめの教材です!

技術編

ここでは、ダブルスの実践で使える
技術についてご紹介します。

 

これらの技術を身に着ければ試合を
有利に進めることができます。

技術編記事一覧

試合になるとなぜかリターンがボレーヤーに捕まってしまう。そんな悩みはありませんか?試合になると相手の前衛は、ポーチに出るふりをしたり、またサイドによる動きをしたり、いろいろな仕掛けをしてプレッシャーをかけてきます。そんな時、後衛は、その動きに惑わされず、リターンをする必要があります。前衛に捕まらないようにするためのポイントは構えにあります。右利きの場合、フォアハンドは左肩を、バックハンドは右肩をし...

ダブルスにおいて、ポーチに出ることは、相手のレシーバーにプレッシャーを与えるので、勝つためにとても効果的です。前衛のポーチでいかにプレッシャーをかけれるかが、ダブルスで勝つための大きなポイント、といっても過言ではありません。一度でもポーチを成功させれば、相手のリターンをまどわせて試合を有利に進めることもあります。ところで、あなたは前衛で、ポーチに出るとき、どのようなポジションからスタートしますか?...

バックハンドが苦手な人の中には、スライスしか打てない、という人も多いと思います。特に片手バックハンドの人に多いですね。ダブルスの試合になると、バックハンドスライスリターンは、結構、というかほとんどポーチに狙われやすいです。サーブでバックハンドを狙われて簡単に決められてしまいます。リターンゲームが取れないと試合では勝ち目はないですよね。でもバックハンドスライスはトップスピンが打ちにくい、足元に沈むと...

試合で、速いサーブを打つ相手だと、なかなかサーブを返すのが難しくなります。その理由は、どうしても打点が遅れてしまうからです。しかし、サーブが速いからといって後ろに下がると前衛がポーチしやすくなってしまいます。そんな時、リターンの仕方をちょっと変えると、意外と楽にリターンすることができます。速いサーブのリターンのポイントは、テークバックをひきすぎないスプリットステップを踏む速いサーブほど踏み込むフォ...

キックサーブは力がいるから自分にはできない。となかなか習得できない人は、意外と多いのかもしれません。キックサーブは相手のバック側にコントロールできれば相手は攻撃できなくなるとても有効なサーブです。できるだけ高いバウンドで、深めにコントロールできれば相手の嫌なサーブになります。また、ネットの2倍以上の高さに打ち出すので、フォルトしにくいサーブでもあります。つまり、相手は返しにくく入りやすいため、とて...

ショートクロスのストロークとは、アレーコートに短く落とすショットです。鋭い回転をかけるため、打ち方が難しくて敬遠する人も多いのかもしれません。でも、1発で平行陣の陣形を崩したり、そのままエースをねらえるショットなので、練習しておく価値はあります。シュートクロスの打ち方で気を付けたいのは、ラケットの面がクロスに向いているインパクトの後にラケットを上に抜くいつも以上に打点を前にするということです。高い...

テニスで、バックハンドがどうしても苦手、という人は多いと思います。バックハンドが打てない人は、片手でスライスなら簡単だよ、と教えられた人はいませんか?確かに、バックハンドスライスは簡単ですが、ダブルスのリターンで使うとほとんどの場合ポーチに出られ決められてしまいます。バックハンドスライスしか打てないとわかると集中的にバックハンド狙いされます。特に、バックサイドのリターンの場合、バックハンドが苦手だ...

初心者がテニスのサーブを習うとき、コンチネンタルグリップで握りなさいと教わると思います。コンチネンタルグリップとは、ラケットの面を地面と垂直にして上から握るグリップのことです。ちょうど、包丁を持つような感じですね。しかし、コンチネンタルグリップで握ると左に飛んでいってうまく打てない、という人も多いと思います。軟式テニスをやっていた人などは、すごく違和感があると思います。なぜ、このような難しい握りで...

ダブルスの試合に出ると、普段では経験経験できないような速い球を打つ人と対戦することがあります。速い球の返し方もわからないまま、何もできずに負けてしまった、という経験のある人も多いのではないでしょうか?でも、速い球を打ち返すことは以外と簡単です。ここでは、速い球を返す方法や、有効な練習方法についてご紹介します。

テニスの試合でビッグサーバーと対戦するとき、最も効果的なショットがブロックリターンです。何故かというと、ビッグサーバーの渾身のサーブが返されると、次のショットを打つ時間がなくなるからです。サーブの速い人の特徴として、普段の試合ではほとんどサーブだけでポイントをとっています。返球されてもコントロールが難しいため、チャンスボールとか、前衛がボレーで決めてくれたりします。なので、サーブの後のショットに慣...

ダブルスのゲームでのクロスラリーが苦手、と悩んでいる人はいませんか?あるいは、練習試合ではポーチに捕まらないのに、なぜか試合になると前衛が気になってクロスに打てなくなる、という人も多いと思います。ダブルスはクロスに打つのが基本です。クロスラリーが苦手では、なかなか試合に勝つことは難しいですよね。でも、基本的にクロスに打つことは、クロスに向かってまっすぐ打てばいいだけのはずです。ストレートに打つのと...

難しいローボレーやハイボレーはできるのに、ネットダッシュ後のファーストボレーはネットしたりオーバーしたり、何故かミスしてしまう。そんな悩みを持つ人も多いと思います。確かに、ファーストボレーで相手を追い詰められれば、サービスゲームをキープする確率は上がります。平衡陣で試合に勝つためには、とても重要なショットになります。でも、ネットプレーの中で、ファーストボレーは一番ミスしやすいショットです。通常のボ...