テニスのボレーを上達させる

テニスのボレーを上達させるポイント

テニスダブルス

ダブルスの試合で勝ち抜くためには、
ボレーの上達は必須です。

 

なんだかんだいっても、
雁行陣だけで勝ち抜くのは難しいです。

 

なぜなら、平衡陣は、
相手ペアの打つ時間を奪っているからです。

 

ポジションを前に移動するだけで、
相手ペアのストロークする間隔が短くなります。

 

それだけでも、相手がミスする確率が上がります。

 

他にも、浮いたチャンスボールを逃さず攻撃できる、
当たりが悪くても相手がミスする、
といったメリットもあります。

 

なので、ダブルスの試合で勝ち抜きたいなら、
ボレーを上達させることが大切です。

 

 

ここでは、ボレーが上手くいかない理由や、
ボレーを上達させるコツについて考えてみました。

 

ボレーが下手な理由として、
次のようなことが考えられます。

 

  • ラケット面が安定しない
  • ラケットを後ろに引いている
  • 足が動いていない
  • グリップを持ちかえている

 

それでは、一つずつ見て行きましょう。


ラケット面が安定しない

当たり前ですが、
ボレーはラケット面が向く方向に飛んでいきます。

 

ラケット面が安定せず、
上を向いたり下を向いたりでは、
ボレーの高さが安定しません。

 

浅くなったり、オーバーしたり、
ネットミスが多い人は、
ラケット面が安定していないのかもしれません。

 

ラケット面の向きは人によって違います。

 

低めのボールでもコート深くに行く人もいれば、
山なりのボールでないとコート深くにいかない人もいます。

 

深いボレーを打とうとして、
力んでしまう人もいますが、
意外とボールの高さを出すことで、
深いボレーを打つことができます。

 

自分なりのラケット面の角度を見つけ出し、
意識しないでもラケット面が安定するように
練習することが大切です。

 

ラケットを後ろに引いている

ラケット面が安定しないのも、
ラケットを後ろに引いているのが原因かもしれません。

 

たいていの場合、ラケットを引くのは、
腕で引くからです。

 

腕でラケットを引けば、
ラケット面の向きも変わります。

 

さらに力が加わるため、
ボールが飛びすぎたりします。

 

なので、ボレーはできるだけ、
後ろに引かない方が安定します。

 

体の前にラケットを出し、
それより後ろに引かないように
練習するようにしましょう。

 

誰かにあなたのボレーを見てもらい、
ラケットを引いているか引いていないか
チェックしてもらうのも効果的です。

 

足が動いていない

ボレーを上達させるポイントは、
足を動かすことです。

 

足の踏み込みの力がパワーを生み出し、
同時にコントロール性もアップします。

 

腕の振りの力で飛ばすのではなく、
踏み込んだ体重移動のパワーで飛ばす方が、
ボールをコントロールすることができます。

 

そのためには、ボレーの動作の前に
スプリットステップをすると、
踏み込みがスムーズになります。

 

また、ボレーの動作をする前に、
2〜3歩ステップを入れることで、
ボールに対してラケットの位置を微調整できるため、
正確にセットすることができます。

 

ゲームの間、絶えず足を動かすことで、
ボレーの踏み込みがスムーズにでき、
ボールに対して正確に入ることができるため、
ボレーの精度もアップします。

 

グリップを持ちかえている

ボレーを安定させるには、
素早く構えることが大切です。

 

サービスラインまで前に出ているので、
当然構える時間も少なくなります。

 

そのため、グリップを持ちかえる時間も、
できればない方がいいです。

 

グリップを持ちかえると、
ラケット面も狂ってきます。

 

なので、ボレーはフォア、バック同じグリップで打てる、
コンチネンタルグリップがおすすめです。

 

コンチネンタルグリップとは、
ラケットを地面と垂直に持ち、
上から握るようにして持つグリップです。

 

コンチネンタルグリップにすれば、
フォアボレーもバックボレーも
自然にラケット面を作れるメリットがあるのが
おすすめする理由です。

 

ボレーは力加減が大切

ボレーは速いボールを打つことも大切ですが、
時には力を緩めてスピードを落とすことも大切です。

 

例えば、平衡陣同士のボレーボレーで、
ローボレーを打たされた時に
速いボレーをしたら相手の腰より上、
チャンスボールになります。

 

ローボレーのときはスピードを落として、
相手の足元付近に落とさないと
攻め込まれてしまいます。

 

また、ドロップボレーやロブボレーなど、
力加減が必要なボレーもあります。

 

ボレー合戦からの意表をついたロブボレーや、
深めのボレーで相手の後衛をベースラインで
プレーさせた後のドロップボレーは効果的です。

 

全てのボレーを同じ力加減で打つことは不可能です。

 

思ったところにボレーするために、
普段からボレーの力加減を磨いておくことが大切です。

スポンサーリンク



関連ページ

バックハンドの上達法
バックハンドは利き腕と反対の筋肉を使うため、苦手な人が多いです。バックハンドを上達させるために大切なこととは?
フォアハンドの打ち方
フォアハンドが上達しない人は、基本の打ち方ができていないのかもしれません。フォアハンドを上達するための打ち方のポイントをご紹介します。
スピードサーブのコツ
スピードサーブを打つためには、筋力よりも効率的にボールに力を伝えることが必要です。スイングスピードが出てこれば、回転もかけられるのでとても有効です。
スマッシュ上達法
テニスのスマッシュは意識を変えれば意外と上達が早いのかもしれません。スマッシュが上達しない人が見落としがちなポイントについてまとめてみました。