スピードサーブのコツ

人気のテニス教材!

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜

ダブルスの試合で勝つためのスキルを学びたいという方におすすめの教材です!

スピードサーブを打つためのコツ

「サーブが速い人は筋力がハンパない」
と勘違いしていませんか?

 

実は、力を入れれば入れるほど、
サーブのスピードはでなくなります。

 

腕に力を入れすぎたり、
強く握りすぎたりすると、
かえってラケットが走らなくなります。

 

そのため、スピードサーブを打つには、
グリップを緩く握って、
ラケットの返しを利用して走らせる
感覚を身に着けることが大切です。

 

 

そのためにはまず、
コンチネンタルグリップで握り、
緩めに握ってサーブ練習します。

 

ここで、効果的なのは、
小指を外してグリップすること、

 

5本の指で握ると、
どうしても力が入ってしまうので、
面が安定しないかもしれないけど
小指を外してサーブ練習します。

コンチネンタルグリップで握る

速いサーブを打つためには、
コンチネンタルグリップで握ることが大切です。

 

サーブに関していうと、
ウエスタングリップは不向きです。

 

なぜなら、ウエスタングリップは、
手首がうまく返すことが出来ないからです。

 

逆に、コンチネンタルグリップは、
手首をうまく返すことができるため、
ラケットスピードが出やすくなります。

 

速いサーブを打つためには、
コンチネンタルグリップで握り、
緩めに握ってサーブ練習します。

 

ここで、効果的なのは、
小指を外してグリップすること、

 

5本の指で握ると、
どうしても力が入ってしまうので、
面が安定しないかもしれないけど
小指を外してサーブ練習します。

 

大切なのは、腕の力や握る力を脱力して
ラケットを走らせる感覚をつかむことです。

 

高い打点で打つ

サーブのスピードを上げるために、
打点を高くすることが有効です。

 

トスを高く上げて、
できるだけ高い打点で打つことで
スイングが大きくなるからです。

 

スイングアークが大きくなれば、
ラケットスピードも速くなります。

 

スイング中、肘を高い位置でキープして、
高い打点で打つように意識しましょう。

 

高い打点で打つことによって
サーブが入る確率も上がり、
角度をつけることができるため、
威力があるサーブを打つことができます。

 

上から下に叩きつけるように打つことで、
より効率的にサーブスピードを上げることができます。

 

トスを安定させる

速いフラットサーブを打つためには、
トスの位置を右斜め前方に
安定して上げることも大切です。

 

トスが体に近くなると、
上から下に叩きつけるようなスイングができなくなります。

 

トスを安定させるためには、
指先のスナップを使わないように上げることが大切です。

 

指先のスナップを使うと、
ボールに回転がかかるため、
安定して上げることができません。

 

肩を支点にして、
肘や手首、指先などの動きを
できるだけ抑えて上げることが大切です。

 

指先に乗せるようにして持ち、
ボールに余計な力をかけないように
することがポイントです。

 

打った後は一歩前に

さらにスピードを上げるには、
体重移動を利用して打つことです。

 

トスアップと同時に
体重を右足から左足に乗せていきます。

 

できれば左足でジャンプをして、
高い打点で打てばサーブスピードも上がり
安定したサーブが打てます。

 

打った後はコートの中に一歩踏み出すようにすると、
体重が乗って速いサーブが打てます。

 

ただし、ジャンプすることによって、
バランスを崩しやすくなります。

 

そのためバランスよくサーブできるように練習が必要です。

 

トスアップがコートの中になるので、
習得するのに難しい人もいると思います。

 

なので、バランスが取れる範囲で
ジャンプの高さをセーブしてください。

 

まとめ

スピードサーブを打つコツは、
手首をうまく使うことが大切です。

 

そのために、
コンチネンタルグリップにすること、
強く握り過ぎないこと、
この2つがポイントです。

 

うまく手首の返しを利用することで、
ラケットスピードを上げて、
サーブのスピードを上げることです。

 

さらに、トスアップを安定させて、
高い打点で打ち、上から下に叩きつけるように打つことで、
スピードと安定性を両立させることができます。

 

体重移動やジャンプした勢いで、
コート内に一歩踏み出すように打つことで、
さらに体重が乗って速いサーブになります。

 

大切なのは、腕の力や握る力を脱力して
ラケットを走らせる感覚をつかむことです。

 

スポンサーリンク



関連ページ

バックハンドの上達法
バックハンドは利き腕と反対の筋肉を使うため、苦手な人が多いです。バックハンドを上達させるために大切なこととは?
フォアハンドの打ち方
フォアハンドが上達しない人は、基本の打ち方ができていないのかもしれません。フォアハンドを上達するための打ち方のポイントをご紹介します。
ボレーを上達させる
テニスのボレーが上達しない人は必見!ボレーが上達しない理由や意識すべきことなど、ボレー上達のために必要な情報をご紹介します。
スマッシュ上達法
テニスのスマッシュは意識を変えれば意外と上達が早いのかもしれません。スマッシュが上達しない人が見落としがちなポイントについてまとめてみました。