ダブルスで勝つための戦略とは?

テニスダブルス

「自分にはテニスのセンスがないから試合で勝てないんだ」
と諦めていませんか?

 

確かにダブルスの試合で勝つためには
テニスのセンスも必要かもしれません。

 

ダブルスの試合に出ている人はわかると思いますが、
フォアハンド、バックハンドの強打で、
ガンガン押しまくるペアを見ると、
とても勝ち目がないと思いますよね。

 

しかし、テニスの草トーナメントで勝ち抜いたペアを見ると、
意外とハードヒットしないペアであることがよくあります。

 

ダブルスは2人で守るため、
強打しても1発で決まりにくいからです。

 

ダブルスで勝つためには
強打で押しまくるより
戦略を立てることの方が重要になってきます。

 

ダブルスで勝つ方法といえば、
ペア同士のポジショニングと戦略、
といっても過言ではありません。

 

必勝法とはいかないまでも、
パートナーと協力して、
今より勝率をあげていく戦術は必ずあります。

 

そのために大切なスキルは、

  • 対戦相手の返球可能範囲を分担するためのポジション取る
  • 対戦相手に攻撃されないようなコースコントロール

この2つです。

 

この2つのスキルはテニスのダブルスの試合で
勝つための戦略を立てる上でとても重要です。

 


ダブルスのポジション

テニスのダブルスの試合で強いと感じるペアは、
「どこにも打つコースがない」
と感じさせるペアだと思います。

 

強いペアほどポジショニングがしっかりできています。

 

どこへ打っても、何をしても返ってくる、
スキのないポジショニングは
ダブルスの試合で勝つ戦略のベースになります。

 

ボールのスピードや回転などは自分と変わらないのに、
なぜか勝てないペアと対戦したことはありませんか?

 

ダブルスのポジションは返球可能範囲を
2人で等分して分担できるポジションです。

 

そのため、自分たちが打ったボールのコースによって
返球可能範囲は変わってきます。

 

つまり、味方が打ったボールに対して状況がかわり、
ある程度返球できるコースが予測できます。

 

その返球可能範囲に合わせた
ポジション取りが必要になります。

 

ダブルスのペアは飛んだボールのコースに
連動して動く必要があるため
ペア同士で確認しながら
立ち位置を調整することが大切です。

 

どこのコースに飛んだらどんなポジションをとるのか
パートナーとの細かい打ち合わせが大切です

 

通常のポジション
テニスダブルス戦略

 

例えば、ショートクロスに飛んだ場合のポジションは
通常のクロスに比べて返球可能範囲が広くなります。
神谷流最速テニス上達法

 

対戦相手の打つ態勢が良い場合は、
ストレートもショートクロスも
両方警戒しなければなりません。

 

そのため、前衛はストレート寄りに、
後衛はクロス寄りにポジションを移動します。

 

反対に、態勢が悪い場合は、
ストレートもしくは甘いクロスに
来る可能性が高くなります。

 

なので、前衛がうまくポジション取りすれば
ポイントを取るチャンスです。

 

このように、自分が打った球のコースや
対戦相手の態勢などにに応じて、
ポジションを変えていく必要があります。

 

どこのコースに飛んだらどんなポジションをとるのか
パートナーとの細かい打ち合わせが大切です。

 

>>動画でわかりやすいダブルス戦略はこちら<<

コントロールが悪いと攻められる

後衛は前衛に取らせないように、
クロスにコントロールする必要があります。

 

いくら強打しても
前衛に取られるようなコントロールでは
ポイントは取れません。
テニスダブルス戦略

 

強打するよりもコントロール重視で
クロスにボールを集めることが大切です。

 

後衛が前衛の方に打った場合、
センターにオープンコートができるので
簡単に決められてしまいます。

 

もしも、クロスに打てない状況になった場合は
ロブなどを使って対戦相手に攻められないような
工夫が必要です。

 

 

アドサイドに角度の付いたボールを打ち、
甘い球を誘い出して決めるという戦術です。

 

角度の付いたボールを打つと
相手をサイドに走らせることができ、
センターにオープンコートができて
ポイントがとりやすくなります。

 

デュースサイドの場合は、
センター方向にロブを上げバックハンドを狙う
という方法もあります。
テニスダブルス戦略
センターからはストレートに打ちにくいため
前衛もポーチに出やすくなります。

 

また、センターにスピンの効いたロブを打てば、
バックハンドで高い打点で打たなければならず、
チャンスボールになりやすくなります。

 

なので、バックハンドにボールを集めて
チャンスボールを決めるという戦略は
とても有効です。

 

後衛はセンターにボールを集める

テニスダブルス

後衛がサーブやストロークでセンターにボールを集めると、
相手のストローカーはストレートに打ちにくくなります。

 

そのため、前衛はセンターに入ったとわかった時点で、
センター付近まで移動することができます。

 

前衛がポーチに出やすくなるため、
ポイントになる確率が高くなります。

 

また、ストロークでセンターに打つと前衛に取られるリスクがあるので、
深いボールの場合はロブで狙うのが有効です。

 

浅いボールの場合は思い切ってストロークでセンターを狙えます。

 

サーブの場合は前衛に取られることはないので、
センターに集めるのが有効です。

 

センターにサーブが入ると、
ストレートは角度をつけなければならないため
相手のレシーバーはなかなかストレートが打てません。

 

このように、センターにボールを集めることで、
前衛がポーチに出やすくなり、
ボレーでポイントを取るという戦略も有効です。

 

>>動画でわかるダブルス必勝パターンはこちら<<


ロブを多用する

テニスダブルス戦略

 

対戦相手が平行陣でどうしても打つ場所がない、
球に威力があってクロスに打てない、
という場合はロブを使うという方法もあります。

 

一般的に、ダブルスは平行陣(2人がボレーをする)が
有利と言われています。

 

平行陣の上手いペアは足元に沈めても
うまくボレーしてコート深くにコントロールできます。

 

足元に沈め続けるのもなかなか難し技術です。

 

そんなときは、ロブを多用する戦略が有効です。

 

ロブを使うと時間的に余裕ができるし、
ロブのコースが良ければ陣形を崩したり
チャンスボールも引き出すことができるからです。

 

例えば、相手にハイバックボレーを打たせるようなロブは
ミスやチャンスボールを引き出す可能性が高くなります。

 

参考
平行陣の時の注意点

 

ハイバックボレーは一番力の入りにくいショットなので
チャンスボールになりやすくなります。

 

ハイバックボレーが味方の前衛に返球された場合、
前衛から見てセンターにオープンコートができるので
ポイントできるチャンスになります。

 

デュースサイドではセンターへのロブで後衛に取らせたり、
ストレートのアレーコースのロブで前衛に取らせるのが有効です。
テニスダブルス戦略
抜くのではなく触らせる高さのロブなら
難易度はグッと下がるはずです。

 

また、ボレーだけでなくストロークで押され
クロスに打つのが難しい状況の時でも
ロブを打って後衛に取らせることでピンチをしのげます。

 

なので、普段の練習から
ロブのコントロールを磨いておくことは、
テニスのダブルスの試合に勝つために
有効な戦略になるでしょう。

 

弱点を攻める

テニスダブルス戦略

ダブルスに限らず、テニスの試合では、
対戦相手の苦手なコースにボールを集めるのは
最も一般的な戦略です。

 

なぜなら、草トーナメントに出ている大半の選手は
バックハンドが苦手だからです。

 

例えば、アドサイドのラリーの場合
対戦相手のバックハンドを狙うのは一般的です。
テニスダブルス戦略

 

また、対戦相手の不利な状況を利用するのも
有効な戦略です。

 

例えば、

  • ローボレーで体勢を崩している選手を狙う。

    後衛が沈んだ球を打ちローボレーをさせ
    ローボレーで態勢を崩している選手に
    前衛がボレーで狙う。

  • 難しいハイバックボレーをさせて再度その選手を狙う。

    後衛が対戦相手の前衛のバック側にロブを上げ
    ハイバックボレーで態勢を態勢を崩している選手のフォア側を、
    フォア側をストロークやボレーで狙う。

など、難しいショットをさせた後の
体制を崩した選手を狙えば、
それほど強いショットでなくても
ポイントを取りやすくなります。

 

>>ダブルスで使える展開パターンのDVDはこちら<<

 

得意なショットを生かした戦略が大切

ここまでお話したように、
テニスのダブルスで勝つためには
必ずしも平行陣にする必要はありません。

 

大切なのは、自分の得意なショットを生かせるような戦略です。

 

例えば、ストロークが得意なら、
リターンやストロークで
どんどんプレッシャーをかけて、
チャンスボールを作り出すことです。

 

対戦相手が平行陣の場合には足元に沈めたり、
前衛の後ろにロブを上げたりして陣形を崩せば、
勝つチャンスは十分あります

 

一般的に、ダブルスは平行陣が有利
と言われていますが、ボレーが苦手な場合は、
逆にカモにされてしまいます。

 

まだ、何が得意かわからないという人は、
このサイトで紹介する戦略から、
自分の得意なパターンを見つけ出すことから始めてください。

 

このサイトで、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。
少しづつでもいいので、あなたなりの勝ちパターンを見つけて、
1つでもダブルスの試合に勝てるように頑張ってください。

 

 

ダブルスの試合で勝つためのおススメ教材は

テニスダブルスで勝つための戦略

試合で勝つために必要な戦略とは?

元全日本選手権優勝者が教える
テニスダブルス必勝法!
>>公式サイトはこちら<<
更新履歴