バックハンドの上達法

バックハンドを上達させる方法とは?

テニスをしている人の多くは、
バックハンドで悩んでいるのではないでしょうか?

 

バックハンドは、
利き腕と反対の筋肉を使うため
力が入りにくいのです。

 

なので、打点が遅れると、
フォアハンドのようなパワーが出ず、
弱々しいボールしか打てなくなります。

 

バックハンドを上達させるためには、

  • 構えを早くすること
  • 打つ体制をしっかりつくること、
  • 自分の打点で打つこと、

がフォアハンド以上に必要になります。

 

特に、片手バックハンドの人は、
両手打ちより打点を前で
打つことが大切です。

 

構えを早くする

バックハンドで力強く打つためには、
構えを早くすることが大切です。

 

打点が遅れたり、体制ができていないまま打つと、
力が入らずチャンスボールになってしまいます。

 

特に、片手バックハンドの人は、
両手打ちより打点を前で打つため、
打点が遅れてしまうと、
全く打てなくなります。

 

そのため、テークバックを早めに引いておく
ということがとても重要になります。

 

ボールがバウンドすると同時にテークバックする
という人も多いと思いますが、
それでは遅すぎます。

 

フォアかバックか分かった時点で
テークバックをするのがベストです。

 

できれば、テークバックしたままボールを追いかけた方が、
振り遅れを防げます。

 

テークバックする時間は意外と大きいです。

 

自分の打点で打つ

どんなに良いスイングでも、
自分の打点で打てなければ
バックハンドは打てません。

 

振り遅れたり、前過ぎる打点では、
フォアハンド以上に打てなくなります。

 

そのため、素早く構えて、
最も力の入りやすい打点で打つことが大切です。

 

両手打ちの場合は右肩の前、
片手打ちの場合は右肩より2〜30センチ前方、
というのを目安にしてください。

 

打つ体勢をしっかり作る

特に、片手バックハンドの人は力が入りにくいので、
体重移動の力を利用する必要があります。

 

そのため、しっかり打つ体勢を作り、
右足を踏み込むくらい
余裕を持ってスイングする必要があります。

 

片手打ちだとオープンスタンスでは力が入りにくいので、
目標に対して背中を向けるくらい
クローズに踏み込みます。

 

両手打ちの場合は左手のサポートがあるので、
多少打点が遅れても、オープンスタンスでも、
打つことができます。

 

しかし、打つ体勢を作って体重移動すれば、
さらに強いボールが打てます。

 

なので、両手打ちでも片手打ちでも、
素早く打つ体勢を作って、
右足を踏み込む打ち方を身につけることが
バックハンドを上達させるのに重要です。

 

まとめ

バックハンドはほとんどの場合、
利き手と反対の筋肉を使います。

 

そのため、打点や打つ体勢が間違っていると、
うまく打てず弱々しいボールになってしまいます。

 

バックハンドを上達させるコツは、
構えを早くして素早く打つ体勢を作ることです。

 

いくら素晴らしいスイングでも、
自分の打点で打てていないと
いいボールは打てません。

 

あなたが一番力の入る打点を確認し、
その打点で打てるように練習しましょう。

 

 

スポンサーリンク



関連ページ

フォアハンドの打ち方
フォアハンドが上達しない人は、基本の打ち方ができていないのかもしれません。フォアハンドを上達するための打ち方のポイントをご紹介します。
スピードサーブのコツ
スピードサーブを打つためには、筋力よりも効率的にボールに力を伝えることが必要です。スイングスピードが出てこれば、回転もかけられるのでとても有効です。
ボレーを上達させる
テニスのボレーが上達しない人は必見!ボレーが上達しない理由や意識すべきことなど、ボレー上達のために必要な情報をご紹介します。
スマッシュ上達法
テニスのスマッシュは意識を変えれば意外と上達が早いのかもしれません。スマッシュが上達しない人が見落としがちなポイントについてまとめてみました。