テニスの試合で勝てない理由

上手いのにテニスの試合で勝てない理由とは?

テニス試合

テニスの試合で全く勝てない。
練習でできることが試合でできない。

 

そんな悩みでお困りの人はいませんか?

 

いつも打てているボールが試合で打てないと
悔しいですよね。

 

勝てない人の中には、
自分より下手な相手にも試合になると負けてしまう、
という人も多いのではないでしょうか?

 

練習では素晴らしいボールが打てるのに、
試合ではミスを連発してしまうのは何故でしょうか?

 


負けた原因を考えてみる

試合でなかなか勝てない人は、
負けた原因を考えていない人が多いです。

 

考えていたとしても、
深く考えていない可能性があります。

 

自分がミスしたのは、
練習の時と何が違っているのか
考えていますか?

 

試合で緊張していたから
プレッシャーに弱いタイプだから

など、精神的な理由をつけていたのでは進歩がありません。

 

試合でミスをするのには
必ず理由があるはずです。

 

試合ではいろいろなボールが来る

テニス試合

テニスの試合では、
いろいろな選手と試合します。

 

いろいろな選手がいれば、
飛んでくるボールの種類も違います。

 

スピンやスライスを打つ人もいれば、
返すだけの弱々しいボールの人もいます。

 

いつもの練習とは違ったボールが
飛んできます。

 

球のスピードも違えば打つタイミングも違うのに、
同じテンポで打っていませんか?

 

意外とスピードのあるボールより、
弱々しいボールの方がミスすることが
多いのかもしれません。

 

スピードボールは面を合わせるだけで返せるけど、
弱々しいボールは自分でタイミングを合わせて
スイングしないとミスしやすいからです。

 


ボールの行方が気になる

試合になると力を出せないのは、
必要以上にボールの行方を気にしている場合があります。

 

あそこに打たなければいけない、
という気持ちが強すぎると、
ボールを打つ前に打つ方向を見てしまうことがあります。

 

また、ダブルスの場合、
前衛が気になって見てしまう
ということもあるでしょう。

 

ボールを打つ前に目を離すと、
思った方向に飛ばなかったり
ミスの原因になります。

 

ダブルスで前衛をみると、
体が開いて前衛の方に飛びやすくなります。

 

普段できないショットをしようとする

テニス試合

試合でミスをしやすい原因として、
普段できないショットを打とうとする場合があります。

 

例えば、バックハンドスライスしか打てないのに、
スピンを打とうとしたり、
ショートクロスなど難しいショットをする人です。

 

苦手なバックハンドを狙われたり、
ポイントリードされて苦しくなると、
このようなことをしたくなります。

 

しかしそれが、普段打てているショットならいいですが、
ほとんど練習していないなら
まず成功することはありません。

 

こんな無謀なショットをするなら、
もっと成功法な戦略を考えるべきです。

 

例えば、ロブを打って相手の陣形を崩したり、
相手のバックハンドに打ち返したり、
自分のできる範囲で相手が嫌がることを考えることが大切です。

 

バックハンドやショートクロスなど、
自分のショットを磨くことは大切ですが、
成功率が低いのに試合で使っても
試合に負けるだけです。

 


相手より一本多く返せば勝てる

テニスの試合で勝つために大切なのは、
相手より一本多く返すことです。

 

素晴らしいショット、難しいショットを打っても、
相手に返されたらポイントになりません。

 

一発で決めるショットよりも、
自分からミスしないことが大切です

 

成功率の低いショットを打つよりも、
自分からミスをしない自信の持てるショットを選択するべきです。

 

まとめ

テニスの試合では
普段相手にしないタイプの選手とプレーするため、
打ち慣れないボールが飛んでくることがよくあります。

 

試合で勝てない人は、
このようなボールに対応できていない可能性があります。

 

何でもないボールに見えても
ちょっと跳ねたりすべったり、
微妙にタイミングがずれているのかもしれません。

 

普段の練習で感覚的にタイミングを合わせている人は、
タイミングが合わないので
ミスを連発してしまいます。

 

普段の練習からボールを最後まで見て、
自分の打点で打つ意識を持っていれば、
このようなミスは減るでしょう。

 

また、試合の中で、
普段打たないようなショットを打つことは、
ミスの原因になります。

 

練習で打てないショットが、
試合で成功するはずがありません。

 

ミスミスポイントを失うのがおちです。

 

それより、試合では自分のできるショットを駆使して、
相手に決められないボールを打つことが大切です。

 

テニスの試合で勝つためには、
相手より一本多く返すことです。

 

相手より先にミスしないように、
自分のできるショットを打つことが大切です。

スポンサーリンク



関連ページ

フォーメーションの基本
ダブルスのフォーメーションはダブルスで強くなるためには必須条件です。常にパートナーを意識して動かないとうまくいきません。
雁行陣のフォーメーション
雁行陣は、基本的なフォーメーションです。ここでは、雁行陣でも試合に勝てるような戦略、テクニックなどについてまとめてみました。
平行陣のフォーメーションの基本
平行陣は、後衛もサービスラインまで前に出る攻撃的な陣形です。なかなかネットに出る勇気のない人も多いですが、思い切ってネットダッシュすると意外と試合を有利に進められるフォーメーションです。
平行陣の注意点
平行陣は攻撃的なフォーメーションなので、試合を有利に進めることができますが、弱点もあります。
サーブコントロール
ダブルスの試合を有利に進めるために、サーブのコントロールが重要になりなす。威力がなくても、うまくコントロールすることで相手のリターンを崩すことができます。
デッドゾーンのプレー
テニススクールで禁止されているデッドゾーンと呼ばれるポジションがあります。しかしダブルスの試合ではデッドゾーンでプレーし勝ち抜いているペアをよく見かけます。デッドゾーンでプレーするメリットはどんなところでしょうか?
ストレート抜かれる
ダブルスの試合で重要なのは前衛がポーチでポイントを取ることです。なかなかポーチに出られない人へ、勇気を出しでポーチに出るメリットについて考えてみました。
サウスポーと組むメリット
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
おばさんテニス
試合でおばさんテニスになかなか勝てない人に、なぜ勝てないのか、勝つための方法を考えてみました。
女子ダブルスに勝つ方法
女子ダブルスのロブ攻撃が苦手な人のために、ロブ合戦での勝ち方について考えてみました。
センターセオリー
ダブルスにおけるセンターセオリーとは?センターに打つことでどんなメリットがあるのかまとめてみました。