テニスガットの選び方

人気のテニス教材!

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜

ダブルスの試合で勝つためのスキルを学びたいという方におすすめの教材です!

テニスガットの選び方、あなたにピッタリのガットは?

ダブルス戦略

テニスのガットは種類が多くて、
何を選んでいいのかわからない、

という人も多いと思います。

 

しかし、種類や形状によって
飛び方も変わるため、
プレーに大きく影響します。

 

ガットの特性を知り、
あなたに合ったガットを選ぶことで、
上達速度も変わってきます。

 

ガットの種類や形状は、
大きく分けて以下のようになります。

 


価格が安いナイロンガット

ナイロンガットは価格が安いため、
最も一般的に使われています。

 

化学繊維で加工しやすいため、
様々なタイプのガットが販売されています。

 

例えば、太さを太くして耐久性を上げたものや、
逆に細くして反発力を上げたものもあります。

 

一般的に、力のない人は細くて反発力を上げたもの、
力のある人は太くて耐久力のあるものがおススメです

 

また、ガットに角を付けることにより
スピンをかけやすくしたものもあります。

 

比較的安い価格でありながら
様々なタイプのものがあるのが
ナイロンガットの特徴です。

 

ただし、一般的にガットは時間とともに緩んでくるので
使用していなくても数か月に1回は張り替えないと
打感が変わってきてしまいます。

 

打感を気にする人は、
使っていなくても数か月ごとに
ガットを貼りかえる必要があります。

 

打感が気になって頻繁に張り替えたい人は
価格が安いナイロンガットがおススメです。

 

ガット代節約ならポリエステル?

ナイロンガットは安いのに、
ガット代節約ならポリエステルってといいうこと?

 

と思うかもしれません。

 

それは、それは、ポリエステルの方が
切れにくいからです。

 

まず切れません!

 

ポリエステルガットを切るのは、
学生テニスクラスのハードヒッターです。

 

なので、ナイロンをすぐ切ってしまう
という人はポリエステルを選んだ方がガット代の節約になります。

 

また、ハードヒッターでなくても、
「1年以上張り替えなくても平気」
という人も、切れる心配がないので、
ポリエステルの方がおススメです。

 

でも、切れなくても時間がたてば
テンションのゆるみが進んできます。

 

そのため、定期的に張り替えたい
という人はナイロンの方が節約になりますね。

 

でも、硬い割には反発力に優れていて、
なかなか打感もいいですよ!

 

価格は高いが性能は抜群!ナチュラルガット

ナチュラルガットは1本5000円〜10000円するため
高くて手が出ないという人も多いと思います。

 

でも、他のガットに比べて
反発力、方向性ともに抜群に優れています。

 

一度、ナチュラルを試したら、
その使用感が忘れられなくなるくらいです。

 

しかし、ナチュラルガットの弱点は
耐久性がないということ。

 

他のガットより切れやすく
雨に当たるとさらに弱くなる
といわれています。

 

主に、プロのテニスプレーヤーが
使用しているガットです。

 

ガットが切れても大丈夫なように、
何本もラケットを持ってきているからですね。

 

ナチュラルガットは、
ガット代が高くなっても気にしない、
という人に向いているガットです

 

ガットの太さでも性能が変わる

ガットの太さのことをゲージと呼び、
1.1mm〜1.4mmの間で決められています。

 

一般に細いゲージほど反発力が高く
スピンがかけやすいガットです。

 

主に、サーブ&ボレーをする人に向いています。

 

また、あまり力のない人は、
細いゲージのガットを使うのがおすすめです。

 

反対に、太いゲージほど反発力が低く、
その代わりに打球の安定感がよくなります

 

主に、ストロークが得意な人に向いています。

 

ハードヒッターは、
太いゲージのガットを使うのがおすすめです。

 

まとめ

以上のことをまとめると、

 

●ガット代を節約するなら

  • ガットが頻繁に切れるハードヒッターは、 
    ポリエステルの方が切れにくいため節約になる。
  • 1年以上ガットを張り替えなくても平気な人は、
    ポリエステルの方が切れにくいため節約になる。
  • ガットを定期的に張り替えたい人は、
    ナイロンガットの方がガット代が安いので節約になる。

 

●ハードヒッター向け

  • 太めのゲージ、ナイロンガットを
    よく切る人はポリエステルがおすすめ。

 

●ハードヒッターでなくても試合に良く出る

  • 細めのゲージ、試合中ガットが切れるのが
    気になるならポリエステルに変えてみる。
  • ポリエステルが合わないならナイロンガットを張って
    2〜3本ラケットを持つ。

 

●あまり力のない人

  • 細めのゲージのガットを使う。

 

●とことん打感にこだわる

  • お金に糸目をつけないならナチュラルガットがおすすめ。
  • お金を節約するならナイロンガットをマメに張り替える。

 

参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



関連ページ

ラケットの選び方
実は、自分に合っていないラケットを使っているために上達を妨げることもあります。あなたに合ったラケットの選び方とは?
初心者向け試合の探し方
初心者のうちは、ハードルが高くてなかなか試合に出るのも気が引けると思います。でも、探せば初心者でも楽しめる試合もあります。このページでは初心者向けの試合を探す方法をご紹介します。