ラケットの選び方

ラケットの選び方で上達速度が変わる?失敗しない選び方

テニスダブルス

テニスラケットには様々な特性があって、
うまく使いこなせないとミスも増えてきます。

 

ラケットの中にも初心者に向いているものや
上級者に向いているものがあります。

 

一般的に、初心者向けのラケットは、
スイートスポットが広く、
ボールがよく飛ぶように設計されています。

 

逆に、スイートスポットの狭いラケットは、
初心者が使うと飛びも悪くなるので、
なかなかうまく打てません。

 

しかし、スイートスポットに当てられる技術があれば、
上級者向けのラケットの方が飛びがよくなり
コントロールもしやすくなります。

 


初心者は優しいラケットを選ぶ

初心者が上級者向けのラケットを使うと
自然にボールに当てにいくスイングになるので、
上達を妨げてしまうことにもなります。

 

なかなかいいショットが打てないと
テニスがつまらなくなるかもしれません。

 

なので、初心者のうちは、
スイートスポットの広めのラケットを
使うことがおすすめです。

 

ラケットのスイートスポットの大きさは、
ラケットの面積で決まります。

 

おおまかの目安としては、
95平方センチ以下は上級者向け、
95〜105平方センチは中級者向け、
105平方センチ以上は初級者向け、
と覚えておくといいでしょう。

 

面積がわからない場合は、
ショップの店員に聞いてみてください。

 

ラケットの厚さでも飛びが変わる

初心者でも力のある人は、
あまり飛びのいいラケットを選ぶと
飛び過ぎてしまうかもしれません。

 

上級者向けまではいかなくても、
中級者向けのサイズのラケットの方が
合う場合もあります。

 

多少芯を外しても
ある程度飛んでくれる場合もあるからです。

 

その場合は、小さめのラケットを選ぶ
という選択肢もありますが、
フレームの薄いラケットを選ぶ
という選択肢もあります。

 

一般的にフレームが厚いラケットは、
フレームが硬く変形しにくいので
飛びがよくなります。

 

逆に薄いラケットは
フレームが柔らかく変形しやすいので
飛ばなくなり、コントロール性がよくなります。

 

なので、初心者でも力のある人は、
小さめのラケットやフレームの薄いラケットを選ぶのがおすすめです。

 

 

振りやすいラケットを選ぶ

ラケットを選ぶとき最も重視するのが振りやすさです。

 

面の大きさやフレームの厚さなども大切ですが
最終的には振りやすいと感じることが大切です。

 

ラケットのバランスは重心が
手元にあるものもあれば
先にあるものもあります。

 

ラケットの重さもさまざまです。

 

その中で色々素振りをしてみて
最も振りやすいと感じるラケットを選びましょう。

 

振りやすいと感じたラケットの重さやバランスは
覚えておくと次の購入の参考になります。

 

最終的に試打して決める

今までお伝えしてきたように、
ラケットの形から飛びの良し悪しを考え、
振りやすいラケットを何種類か選びます。

 

そして、最終的には
何本か試打をしてみて決めるのがいいでしょう。

 

某大手スポーツショップ、スポーツ●ポなど、
試打ラケット持ち出し可能なショップもあるので、
利用してみてください。

 

試打ラケットを借りるときは、
大きさの違うラケットを数本試してみて、
飛びやミート率の違いを比べてみてください。

 

なるべく長時間利用してみて、
あなたにしっくりくるラケットを
選ぶことがおすすめです。

 

スポンサーリンク



関連ページ

ガットの選び方
テニスのガットは、種類や形状によって特性が変わります。飛び方も違うので、プレーにも大きく影響します。あなたに合ったガットの選び方とは?
初心者向け試合の探し方
初心者のうちは、ハードルが高くてなかなか試合に出るのも気が引けると思います。でも、探せば初心者でも楽しめる試合もあります。このページでは初心者向けの試合を探す方法をご紹介します。
タイブレーク
テニスの試合に出ているとタイブレークをする場面が必ずあります。その時ルールを知らないと戸惑ってしまいプレーにも影響するかもしれません。ここでは、タイブレークのやり方やタイブレークに強くなる方法などについてまとめてみました。
初心者におすすめのガット
テニス初心者はどんなガットを選び、テンションはいくつで張ったらいいのか?おすすめガットや適正テンションを理由も含めて詳しくご紹介!
テニス肘の治し方
テニス肘の治し方、原因や症状についてまとめてみました。テニス肘でお悩みの方や再発防止したい方必見です。
ガットの最適なテンション
自分にあったテニスガットのテンションを見つけられると上達が早くなります。ここでは、最適なテンションは何ポンドなのかを知る方法についてまとめてみました。
リターンサイドの選び方
ダブルスのリターンサイドの選び方によって、試合の勝敗に影響することがあります。ここでは、ダブルスのサイドの選び方の基準についてまとめてみました。