ダブルスの実践で使えるリターン

人気のテニス教材!

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜

ダブルスの試合で勝つためのスキルを学びたいという方におすすめの教材です!

ダブルスの実践で使えるリターンとは?

テニスダブルスで勝つための戦略

試合になるとなぜかリターンが
ボレーヤーに捕まってしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

試合になると相手の前衛は、
ポーチに出るふりをしたり、
またサイドによる動きをしたり、
いろいろな仕掛けをして
プレッシャーをかけてきます。

 

そんな時、後衛は、
その動きに惑わされず、
リターンをする必要があります。

 

 

前衛に捕まらないようにするためのポイントは
構えにあります。

 

右利きの場合、
フォアハンドは左肩を、
バックハンドは右肩をしっかり入れてリターンをします。
(左利きの人は逆です)

 

 

肩を入れることによって、
ひねりのパワーが生まれて
力強いリターンができます。

 

しかも、フォア側のフォアのリターンの時は
肩を入れるとストレートに打つ構えができます。

 

すると、クロスの球が少々甘くても
一瞬足を止めることができるので、
前衛に捕まりにくくなります。

 

バックハンドの場合もそうです。

 

バックハンドが苦手な人も多いですが、
右肩(左利きは左肩)を入れることにより、
それほど力強い球でなくても
前衛の足を止められます。

 

そのためには、早いうちから
テークバックを引いておくことが大切になります。

 

ボールが弾んでからテークバックしたのでは遅すぎます。

 

相手が打った瞬間から構えを作り始めることです。

 

早いテークバックで、
できるだけ前の打点で打つことで、
打てる球の選択肢が広がるのです。

 

なので、日ごろから、
早いテークバック、
肩を入れる、
打点を前で打つ、
という意識でリターン練習をすることが重要になります。

 

是非、参考にしてみてください。

 


スポンサーリンク



関連ページ

ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
バックハンドスライス
バックハンドのスライスリターンで球に威力がなく、ポーチに捕まってしまうという人も多いと思います。でも、正しいスライスを身に着けることで、逆に武器にすることもできます。
速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
キックサーブの打ち方
キックサーブ(ツイストサーブ)をマスターすると、フォルトしにくく、相手に攻撃されにくい、というメリットがあります。ここでは、キックサーブの打ち方のポイントをご紹介します。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
バックサイドでのリターン
バックハンドが苦手でスライスしか打てない。ダブルスでバックサイドをしたくない!でもしなければならない人へ、バックサイドでもポイントを取れるリターンのコツをご紹介します。
コンチネンタルグリップサーブ
テニスでコンチネンタルグリップのサーブに違和感がある人も多いと思います。わざわさ違和感のあるグリップにする理由とは何なのでしょうか?
速い球の返し方
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
ファーストボレーでミスする理由
通常のボレーは問題なくできるのに、ネットダッシュ後のファーストボレーでミスしてしまう原因や対処法についてまとめてみました。