テニスの深いボールの返し方

テニスの深いボールの返し方!ミスせずポイントにつなげるには?

テニスダブルス

ダブルスの試合でレベルが上がると、
ベースライン近くの深いボールを打つ人が
多くなってきます。

 

ボレーやストロークで深いボールを打てば、
ドロップショットが決まりやすいし、
前衛もポーチに出やすいからです。

 

そのうえ、重く感じられて返すのが大変です。

 

相手に深いボールを打たれると、
処理が厄介です。

 

 

しかし、難しい深いボールを上手くつなげて
ポイントに結びつけることが
ダブルスの試合で勝ち抜くために必要なことです。

 

深いボールには、

  • フラット、スライス系の速く深く入るボール
  • トップスピンでベースライン近くに弾むボール
  • スライス系のロブで深く入るボール

この3種類があります。

 

それぞれのボールの返し方について考えてみました。


深いボールを返す3つの方法

深いボールの返し方には、
3つの方法があります。

 

一つは、ベースライン付近で
ライジングで打つ方法。

 

もう一つは、ベースラインから下がって
いつものスイングで打つ方法。

 

最後に、ベースラインより前に出て、
ノーバウンドで返す方法です。

 

ライジングで返す方法や、
ノーバウンドで返す方法は、
早めに返球できるため、
前衛のポーチに捕まる可能性が低いというメリットがあります。

 

しかし、ライジングで返す方法は、
弾んだ直後を打つため、
ミートしにくいというデメリットがあります。

 

イレギュラーバウンドなど、
ちょっとバウンドが変わるだけで
ミートできずにミスをしてしまいます。

 

また、ノーバウンドで返す方法も、
ロングボレーやドライブボレーの技術が必要なため、
ミスしやすいショットになります。

 

ライジングで打つ方法や、
ノーバウンドで返す方法は、
かなり技術が必要な返し方です。

 

一方、ベースラインから下がって打つ方法は、
しっかりボールを見極めてから打つため、
ライジングに比べて打ちやすいというメリットがあります。

 

しかし、この方法は、
前衛のポーチに捕まりやすい
というデメリットもあります。

 

ベースラインよりかなり後ろから打つボールは、
ネットを通過するまで時間がかかるため、
ポーチに出る余裕ができるからです。

 

さらに、ワイドに打たれた時、
移動距離が長くなるのもデメリットです。

 

なので、深いボールを返球した後は、
元のポジションに戻る必要があります。

 

ベースラインの後ろに下がって返す方法は、
打ちやすい分運動量が多くなる方法です。

 

また、後ろに下がるほど前衛のポーチに捕まりやすいので、
ロブを打ったりストレートに打ったりして、
ポーチに出られない工夫をすることが大切です。

 

フラット、スライス系の速いボール

テニスダブルス

フラット系やスライス系で
ベースライン深くに打たれたボールは、
低く伸びてきます。

 

打点が遅れるほど、
ボールが重く感じられて、
返せなくなります。

 

バウンドしてから速いので、
テークバックを早くしないと
振り遅れてしまいます。

 

ベースライン近くで打つ方法では、
ラケットを引くときは
早めにコンパクトに引くことが大切です。

 

フルスイングで打ちたいときは、
ベースラインから2mくらい下がって打ちます。

 

相手のボールに威力がある場合、
それでも振り遅れてしまうかもしれません。

 

振り遅れるようであれば、
さらに後ろで打つことも考えなければいけません。

 

フラット系、スライス系のボールは
弾んでから速いので、
早めにラケットを引いておくことが大切です。

 

このような、フラット系やスライス系の深いボールは、
低く弾んでくるので、
返すときは体勢を低くする必要があります。

 

腰を低く落とすことで、
重心が低くなり
低いバウンドにも対応できるからです。

 

重心が高いとラケットヘッドが下がるため、
ボールコントロールができなくなります。

 

フラット系、スライス系の深いボールを、
ライジングで打つときは、
ラケットの引きを早くコンパクトに、
体勢を低くして打つのがポイントです。

 


トップスピン系のボール

テニスダブルス

トップスピン系の深いボールは、
高く弾むのが特徴です。

 

返すポジションを間違えると、
高い打点で取らなければならず、
力が入らなくなります。

 

弾み方も毎回変わるので、
ライジングで返す方法は
難しくなります。

 

イレギュラーバウンドの少ない
ハードコートは使えますが
イレギュラーバウンドする土のコートでは
使うことは難しいでしょう。

 

スピン系の深いボールをライジングで返すには、
少しラケット面を下に向け
抑え込むように返します。

 

一方、ベースラインより後ろで打つ場合は、
相手に十分時間の余裕があるため、
ポーチには気をつけなければいけません。

 

スピン系のボールに対して、
スピン系のロブで返すと返しやすいです。

 

ただし、スピン系のボールに対して、
目線を上に向けるとラケット面が上を向いて
オーバーのミスが出るので注意が必要です。

 


スライスロブ系のボール

テニスダブルス

女子ダブルスの試合で見られる、
回転のあまりかかっていない
スライスロブ系のボールもよくあります。

 

回転がかかっていないので、
それほど下がる必要はありません。

 

ベースラインのちょっと後ろで
ストロークできます。

 

しかし、深いロブをストレートに打たれると
ちょっと返しにくくなります。

 

どうしても返しにくい場合は、
ロブで返すのが一番安全です。

 

この場合、前衛に打たせるのが最悪なので、
ストレートロブはストレートロブで返すのが
最も安全です。

 

また、クロスに深いロブを打ってきた場合は、
バウンドさせると相手に
時間的余裕ができてしまいます。

 

ポーチにつかまらないように、
こちらもロブを打って、
ロブ合戦になる可能性が高いです。

 

そうならないようにするには、
思い切って前に出て、
ドライブボレーかロングボレーで
前に出ていく方法が有効です。

 

回転がかかっていないロブなので、
それほどボールに威力がないので
返しやすいはずです。


まとめ

深いボールを返すには、

  • ベースライン付近からライジングで返す方法、
  • ベースラインの前からノーバウンドで返す方法、
  • ポジションを下げてフルスイングで返す方法

の3通りの返し方があります。

 

ライジングやノーバウンドで返す方法は、
とても技術が必要な難しいショットです。

 

特に、フラット系やスピン系の深いボールは、
威力があるため前で打つのは難しいです。

 

もし、前に出るなら、
サーブ&ネットかリターン&ネットで
平衡陣の形をとった方がやりやすいでしょう。

 

しかし、相手の前衛のポーチに捕まりにくく
攻撃的に攻められる
というメリットがあるので、
練習する価値はあります。

 

重心を低くしてスイングをコンパクトに、
相手の力を利用して打つのがコツです。

 

一方、スライス系のロブの深いボールは、
上に弾むのでボールの伸びがありません。

 

そのため、あまり後ろに下がらず、
ライジングやノーバウンドで打つのが有効です。

 

相手のボールの球質ち合わせて、
返し方を変えていくことが大切です。

スポンサーリンク



関連ページ

実践で使えるリターン
ダブルスの試合になるとなぜかポーチに捕まってしまう、という人も多いと思います。前衛にボレーさせないために実践でつかえるリターンのコツをご紹介します。
ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
バックハンドスライス
バックハンドのスライスリターンで球に威力がなく、ポーチに捕まってしまうという人も多いと思います。でも、正しいスライスを身に着けることで、逆に武器にすることもできます。
速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
キックサーブの打ち方
キックサーブ(ツイストサーブ)をマスターすると、フォルトしにくく、相手に攻撃されにくい、というメリットがあります。ここでは、キックサーブの打ち方のポイントをご紹介します。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
バックサイドでのリターン
バックハンドが苦手でスライスしか打てない。ダブルスでバックサイドをしたくない!でもしなければならない人へ、バックサイドでもポイントを取れるリターンのコツをご紹介します。
コンチネンタルグリップサーブ
テニスでコンチネンタルグリップのサーブに違和感がある人も多いと思います。わざわさ違和感のあるグリップにする理由とは何なのでしょうか?
速い球の返し方
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
ファーストボレーでミスする理由
通常のボレーは問題なくできるのに、ネットダッシュ後のファーストボレーでミスしてしまう原因や対処法についてまとめてみました。
効果的なボディーサーブ
スピードがなくても効果的なボディーサーブはあるのか?実践で使えるボディーサーブについてまとめてみました。
パッシングショット
ダブルスの試合でパッシングショットを打つタイミングがわからない、という人も多いと思います。ここでは、効果的なパッシングショットの使い方についてご紹介します。