速い球の返し方と有効な練習方法

速い球の返し方と有効な練習方法

テニスダブルス

ダブルスの試合に出ると、
普段では経験経験できないような
速い球を打つ人と対戦することがあります。

 

速い球の返し方もわからないまま、
何もできずに負けてしまった、

という経験のある人も多いのではないでしょうか?

 

でも、速い球を打ち返すことは以外と簡単です。

 

ここでは、速い球を返す方法や、
有効な練習方法についてご紹介します。

 


振り遅れないように意識する

普段対戦しないような速い球を相手にすると
普段通りにスイングしていたのでは
振り遅れてしまいます。

 

いつもより速い球に対応するために、
スイングをコンパクトにしたり、
早くテークバックする、
といった工夫が必要になります。

 

タイミングを合わせるのが難しいかもしれませんが、
相手の打った球がネットを超える前から
テークバックしておく必要があります。

 

この意識は速い球に限らず、
スピンやスライス、イレギュラーバウンド
などに対応するためにも必要です。

 

テークバックをする時間は以外と長いので、
相手が打ったらすぐに引く癖をつけるために
普段から練習しておくことが大切です。

 

体重移動を使う

速い球に対応してスイングをコンパクトにすると、
球に威力がなくなることがあります。

 

その原因は手打ちになっているからです。

 

しっかり踏み込んで体重移動をしないと、
コンパクトなスイングでは球が飛ばなくなります。

 

コンパクトなスイングにした分、
足を踏み込んで体全体で打つようにしましょう。

 

さらに速い球には後ろに下がって対応

 

スイングをコンパクトにしても間に合わないような速い球の場合は、
ベースラインより後ろに下がって打ちます。

 

いつもベースライン付近で打っている人は、
1m下がるだけでかなり余裕ができるはずです。

 

特に、スライス系、スピン系など、
回転がかかった跳ねてから伸びる球は、
スピードよりも速く感じます。

 

そのため、バウンドしてから落ちてくるところまで
下がって打つと楽に返せます。

 

しかし、ベースラインの後ろに下がることで、
前衛がポーチに出やすくなる
というデメリットがあります。

 

なので、できるだけコントロールしやすい位置まで下がって、
ロブなどを使って前衛に取らせない工夫をすることが重要になります。

 

速い球を返すのに有効な練習は?

速い球の返し方を身につけるためには、
普段の練習から速い球に慣れておく必要があります。

 

でも、周りに速い球を打つ人がいない場合、
どのような練習をすればいいのでしょうか?

 

実戦で速い球を打てるようになるための
練習方法をまとめてみました。

 

サーブリターン

サーブリターンをベースラインより前で打つことで、
速い球に対応するスキルが身につきます。

 

野球で速球投手を相手にするとき、
バッティング投手を通常のマウンドより前から投げさせて
バッティング練習するのと同じです。

 

テニスのサーブの場合は、
球に回転がかかっているので、
振り遅れないようにスイングしなければいけません。

 

そのためには、できるだけ早くテークバックして、
テークバックをコンパクトにする必要があります。

 

この練習をすることによって、
速い球が来ても負けないようなストロークが身につきます。

 

ボレー対ストローク

その他にも、ボレー対ストロークの練習でも
速い球を返す練習になります。

 

ボレー、ストロークを続ける練習ではなく、
対戦形式でどちらも手を抜かないような練習が効果的です。

 

ボレーはスライス回転がかかっているので
しっかり腰を下ろしてスイングするのがポイントです。

 

特にスライス系の速い球の返し方を練習するなら
ボレー対ストロークが効果的です。

 

 

スマッシュ練習

ストローク側がロブを上げ、
スマッシュしたボールをロブで返して
スマッシュを続ける練習です。

 

ストローク側はスマッシュされた速い球を
ロブで返す練習になります。

 

速い球でベースラインの後ろまで下がった場合、
やむを得ずロブで返すこともあります。

 

スマッシュの速い球をロブで前衛の後ろにコントロールすることにより、
ダブルスでも使える効果的なロブの上げ方を身に着けることができます。

 

まとめ

テニスで速い球を返すためには、
振り遅れないようにするための工夫が必要です。

 

速い球が来ても振り遅れず、
自分の打点で打つことで
ストロークミスを減らすことができます。

 

テークバックをコンパクトにしたり
いつもより速くテークバックすることにより
いつもと同じポジションでも返すことができます。

 

しかし、そのような工夫をしても間に合わない場合は、
ポジションを下げて対応する必要が出てきます。

 

ポジションを下げることにより
返球時間が長くなるので
前衛のポーチにつかまることがあります。

 

そのため、ポジションを下げたときには
ロブなどをつかって前衛に取られないようにすることも大切です。

スポンサーリンク



関連ページ

実践で使えるリターン
ダブルスの試合になるとなぜかポーチに捕まってしまう、という人も多いと思います。前衛にボレーさせないために実践でつかえるリターンのコツをご紹介します。
ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
バックハンドスライス
バックハンドのスライスリターンで球に威力がなく、ポーチに捕まってしまうという人も多いと思います。でも、正しいスライスを身に着けることで、逆に武器にすることもできます。
速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
キックサーブの打ち方
キックサーブ(ツイストサーブ)をマスターすると、フォルトしにくく、相手に攻撃されにくい、というメリットがあります。ここでは、キックサーブの打ち方のポイントをご紹介します。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
バックサイドでのリターン
バックハンドが苦手でスライスしか打てない。ダブルスでバックサイドをしたくない!でもしなければならない人へ、バックサイドでもポイントを取れるリターンのコツをご紹介します。
コンチネンタルグリップサーブ
テニスでコンチネンタルグリップのサーブに違和感がある人も多いと思います。わざわさ違和感のあるグリップにする理由とは何なのでしょうか?
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
ファーストボレーでミスする理由
通常のボレーは問題なくできるのに、ネットダッシュ後のファーストボレーでミスしてしまう原因や対処法についてまとめてみました。
深いボールの返し方
テニスの試合に勝ちぬくには、深いボールをミスせず返し、ポイントにつなげていくことが重要になってきます。しかし、深いボールは返しにくいし、返ってもポイントされる確率が高いです。ここでは、さまざまな深いボールの返し方についてまとめてみました。
効果的なボディーサーブ
スピードがなくても効果的なボディーサーブはあるのか?実践で使えるボディーサーブについてまとめてみました。
パッシングショット
ダブルスの試合でパッシングショットを打つタイミングがわからない、という人も多いと思います。ここでは、効果的なパッシングショットの使い方についてご紹介します。
アンダーサーブのメリット
テニスでアンダーサーブの効果的な打ち方、メリットについてまとめてみました。サーブが苦手な人は必見です。
アプローチショットのコツ
アプローチショットはポイントを取るために重要なつなぎのショットです。アプローチショットを打つタイミングや打ち方についてまとめてみました。
ドロップショットのコツ
テニスのダブルスで、ドロップショットは成功するのが難しいショットです。でも、打ち方やタイミングを工夫することで、成功率を上げることができます。