ファーストボレーでミスする理由

ネットダッシュ後のファーストボレーでミスする理由とは?

テニスダブルス

難しいローボレーやハイボレーはできるのに、
ネットダッシュ後のファーストボレーは
ネットしたりオーバーしたり、
何故かミスしてしまう。

 

そんな悩みを持つ人も多いと思います。

 

確かに、ファーストボレーで相手を追い詰められれば、
サービスゲームをキープする確率は上がります。

 

平衡陣で試合に勝つためには、
とても重要なショットになります。

 

でも、ネットプレーの中で、
ファーストボレーは一番ミスしやすいショットです。

 

通常のボレーは完璧にできるのに、
どうしてファーストボレーで
ミスするのでしょうか?

 


バランスが取れていない

まず、ファーストボレーでミスする原因は、
バランスが取れていないことが考えられます。

 

ネットダッシュした勢いで、
体重が前にかかっているのかもしれません。

 

ダッシュした勢いがついているので、
通常よりボールが飛んでいる可能性があります。

 

ネットダッシュした後、
きちんと止まってからボレーすることが大切です。

スプリットステップでバランスを取る

ボレーする前、スプリットステップを踏むと、
次のボレーの動作に入りやすくなり
ボレーの成功率も上がります。

 

また、前のめりの体勢を修正するのに、
スプリットステップは最適です。

 

ネットダッシュをした後のファーストボレーが苦手な人は、
スプリットステップをすることをおすすめします。

 

ボレーする準備ができない

ファーストボレーでミスする次の理由として、
ボレーする準備ができていないことが考えられます。

 

サービスラインまでダッシュするのですから、
通常より早くボールが返ってきます。

 

サーブしてから走って、
スプリットステップして、
ボレーの構えを作るまで
かなり時間がかかるはずです。

 

準備ができないままボレーをすれば、
当然ミスも増えてきます。

 

試合に出ると、
さらにリターンが速くなるので
ファーストボレーの時間がなくなり
ボレーのミスをしやすくなります。

サービスラインの後ろで構える

ファーストボレーの準備する余裕がない人は、
ファーストボレーのポジションを後ろにしてみましょう。

 

ネットダッシュをサービスラインまで
しなければいけないというルールはありません。

 

ポジションを1m下げるだけでも、
かなり時間的余裕ができるはずです。

 

サービスラインの後ろでファーストボレーした後、
さらにサービスラインまで前に出れば
かなり楽にネットダッシュができます。

 

まとめ

ネットダッシュ後のファーストボレーが苦手な人は、
ボレーをする余裕が取れていない可能性が高いです。

 

ネットダッシュをして
バランスが不安定だったり、
ボレーの準備もできないまま、
ファーストボレーをしていたのでは、
ボレーミスしやすくなります。

 

ファーストボレーの成功率を上げるには、
バランスを整え、ボレーの準備をする時間が必要です。

 

ボレーの成功率を上げるには、
スプリットステップをして、
バランスを取り、
次のボレー動作をスムーズにすることが必要です。

 

スプリットステップをして、
十分に余裕を作った状態でボレーをすれば
通常のボレーと同じようにボレーができて
成功率も上がります。

 

そのために、ファーストボレーのポジションを、
サービスラインの1mくらい手前にすると、
時間的に余裕ができます。

 

セカンドボレーでサービスラインまで詰めるくらい、
余裕を持ってボレーすれば、
ボレーのミスも減るはずです。

スポンサーリンク



関連ページ

実践で使えるリターン
ダブルスの試合になるとなぜかポーチに捕まってしまう、という人も多いと思います。前衛にボレーさせないために実践でつかえるリターンのコツをご紹介します。
ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
バックハンドスライス
バックハンドのスライスリターンで球に威力がなく、ポーチに捕まってしまうという人も多いと思います。でも、正しいスライスを身に着けることで、逆に武器にすることもできます。
速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
キックサーブの打ち方
キックサーブ(ツイストサーブ)をマスターすると、フォルトしにくく、相手に攻撃されにくい、というメリットがあります。ここでは、キックサーブの打ち方のポイントをご紹介します。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
バックサイドでのリターン
バックハンドが苦手でスライスしか打てない。ダブルスでバックサイドをしたくない!でもしなければならない人へ、バックサイドでもポイントを取れるリターンのコツをご紹介します。
コンチネンタルグリップサーブ
テニスでコンチネンタルグリップのサーブに違和感がある人も多いと思います。わざわさ違和感のあるグリップにする理由とは何なのでしょうか?
速い球の返し方
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
深いボールの返し方
テニスの試合に勝ちぬくには、深いボールをミスせず返し、ポイントにつなげていくことが重要になってきます。しかし、深いボールは返しにくいし、返ってもポイントされる確率が高いです。ここでは、さまざまな深いボールの返し方についてまとめてみました。
効果的なボディーサーブ
スピードがなくても効果的なボディーサーブはあるのか?実践で使えるボディーサーブについてまとめてみました。
パッシングショット
ダブルスの試合でパッシングショットを打つタイミングがわからない、という人も多いと思います。ここでは、効果的なパッシングショットの使い方についてご紹介します。
アンダーサーブのメリット
テニスでアンダーサーブの効果的な打ち方、メリットについてまとめてみました。サーブが苦手な人は必見です。
アプローチショットのコツ
アプローチショットはポイントを取るために重要なつなぎのショットです。アプローチショットを打つタイミングや打ち方についてまとめてみました。
ドロップショットのコツ
テニスのダブルスで、ドロップショットは成功するのが難しいショットです。でも、打ち方やタイミングを工夫することで、成功率を上げることができます。
ファーストサーブ
テニスでファーストサーブの確率を上げるコツについてまとめてみました。