効果的なボディーサーブ

効果的なボディーサーブとは?

テニスダブルス

ボディーサーブとは、
相手の体に向かって打つサーブのことです。

 

なぜ、わざわざ体に向かって打つのかというと
相手が打つスペースがないため、
打ちにくくなるからです。

 

体に近づくほど腕を曲げて打たなければならず、
ラケットに当てるのが難しくなるサーブです。

 

スピードのあるボールで、
自分の方に向かってくるサーブは
かなり取りにくいです。

 

ここでは、効果的なボディーサーブを
打つ方法についてまとめてみました。

 


ワイド、センターのサーブがあるからボディーサーブが効く

まず、ボディーサーブを使う前提として、
ワイドサーブやセンターサーブを
打ち分けていることが重要になります。

 

相手にボディーサーブが読まれていたら、
割と打ちやすいサーブになるからです。

 

ボディーサーブは正面にくるサーブですから、
ちょっとまわり込むだけで返すことができます。

 

ワイドやセンターにサーブを打ち分ける中で、
時々ボディーサーブを打つから効果があるのです。

スピードとコントロールが必要

ボディーサーブは相手の正面に打つため、
サーブのコントロールがとても重要になります。

 

50センチフォア側にそれただけで、
相手は動かなくてもよくなります。

 

ただのフォアのチャンスボールになってしまいますね。

 

また、ボディーにサーブを打つには、
ある程度のスピードが必要になります。

 

プロの選手がボディーサーブを打つのは、
それなりのスピードがあるからです。

 

プロのレシーバーの反射神経が素晴らしいとしても、
我々アマチュアも同じことです。

 

サーブにスピードがないと、
素早くまわり込まれて打ち込まれます。

 

フラットサーブはコントロールが難しい

プロの試合ではフラットサーブで
ボディーにサーブを打つシーンをよく見ます。

 

しかし、プロのフラットサーブは、
男子で200km,女子で160km以上あります。

 

打ってからレシーバーに届くまで、
1秒もかかりません。

 

アマチュアレベルでも、
フラットサーブでボディーサーブを
成功させるには、
かなりのスピードとコントロールが必要です。

 

スピードがなければ、
ボディーサーブは返されてしまいます。

スライスサーブならスピードがなくてもOK

以上のように、ボディーサーブでポイントを稼ぐには、
サーブのスピードとコントロールが重要です。

 

サーブのスピードがない人にとっては、
使うのが難しそうですが、
実はそうでもありません。

 

横回転のかかったサーブなら、
それほどスピードがなくても
ボディーサーブを使うことはできます。

 

一番やりやすいのはスライスサーブです。

 

相手のバックハンド側にスライスサーブを打てば、
バウンドしてから相手の体の方に
食い込んで行くようなサーブになります。

 

スライスサーブはバウンドしてから食い込んで行くので
バックハンドで詰まってしまい、
とても効果的なサーブになります。

 

キックサーブやリバースサーブができれば、
フォア側にも食い込むサーブが打てます。

 

スライスサーブとリバースサーブで、
相手をまどわせ、
リターンを崩すこともできます。

 

スピードがなくても、
横回転のサーブをマスターすれば、
効果的なボディーサーブが打てます。

スポンサーリンク



関連ページ

実践で使えるリターン
ダブルスの試合になるとなぜかポーチに捕まってしまう、という人も多いと思います。前衛にボレーさせないために実践でつかえるリターンのコツをご紹介します。
ポーチのタイミング
ダブルスにおいて、前衛の動きはとても重要です。特に前衛がポーチに出ることによって相手のレシーブにプレッシャーを与え、試合を優位に進めることができます。ここでは、効果的なポーチの出方をご紹介します。
バックハンドスライス
バックハンドのスライスリターンで球に威力がなく、ポーチに捕まってしまうという人も多いと思います。でも、正しいスライスを身に着けることで、逆に武器にすることもできます。
速いサーブのリターン
試合で相手のサーブが速いとき、リターンが返せず、そのまま押し切られてしまいがちです。でも、リターンをちょっと工夫すれば、比較的楽に返すことができます。
キックサーブの打ち方
キックサーブ(ツイストサーブ)をマスターすると、フォルトしにくく、相手に攻撃されにくい、というメリットがあります。ここでは、キックサーブの打ち方のポイントをご紹介します。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスのストロークは、難しいショットですが、ゲームで相手の展開を崩すためにとても有効です。ここでは、ショートクロスの打ち方のポイントをご紹介します。
バックサイドでのリターン
バックハンドが苦手でスライスしか打てない。ダブルスでバックサイドをしたくない!でもしなければならない人へ、バックサイドでもポイントを取れるリターンのコツをご紹介します。
コンチネンタルグリップサーブ
テニスでコンチネンタルグリップのサーブに違和感がある人も多いと思います。わざわさ違和感のあるグリップにする理由とは何なのでしょうか?
速い球の返し方
ダブルスの試合で勝つための戦略とは?練習方法から、あなたの長所を生かすための戦略まで、ダブルスで勝つための情報をご紹介します。
ブロックリターンの打ち方
速いサーブが楽に返せるブロックリターンの打ち方や練習方法についてまとめてみました。
クロスラリーを安定させる
試合になるとクロスラリーがうまく打てない、という人に、クロスラリーが打てない原因や意識すべきことについてまとめてみました。
ファーストボレーでミスする理由
通常のボレーは問題なくできるのに、ネットダッシュ後のファーストボレーでミスしてしまう原因や対処法についてまとめてみました。
深いボールの返し方
テニスの試合に勝ちぬくには、深いボールをミスせず返し、ポイントにつなげていくことが重要になってきます。しかし、深いボールは返しにくいし、返ってもポイントされる確率が高いです。ここでは、さまざまな深いボールの返し方についてまとめてみました。
パッシングショット
ダブルスの試合でパッシングショットを打つタイミングがわからない、という人も多いと思います。ここでは、効果的なパッシングショットの使い方についてご紹介します。